迎春

あけましておめでとうございます。

毎年恒例、元旦はこのネタです。50年単位のアニヴァーサリーを迎える作曲家。

トーマス・ルイス・デ・ヴィクトリア (1548?-1611) 没後400年 8月20日
ヨハンネス・エッカルト (1553-1611) 没後400年 命日不明
ルイ・クープラン (1626?-1661) 没後350年 8月29日
ウイリアム・ボイス (1711-1779) 生誕300年 9月11日
フランツ・リスト (1811-1886) 生誕200年 10月22日
アンブロワーズ・トマ (1811-1896) 生誕200年 8月5日
ヨハン・スヴェンセン (1840-1911) 没後100年 6月14日
グスタフ・マーラー (1860-1911) 没後100年 5月18日
アントン・アレンスキー (1861-1906) 生誕150年 7月12日
チャールズ・マーティン・レフラー (1861-1935) 生誕150年 1月30日
エドワード・マクダウェル (1861-1908) 生誕150年 12月18日
パーシー・グレインジャー (1882-1961) 没後50年 2月20日
グスタフ・アラン・ペッタション (1911-1980) 生誕100年 9月19日
アラン・ホヴァネス (1911-2000) 生誕100年 3月8日
ジャン・カルロ・メノッティ (1911-2007) 生誕100年 7月7日
阿部幸明 (1911-2006) 生誕100年 9月1日
尾高尚忠 (1911-1951) 生誕100年 9月26日
清水脩 (1911-1986) 生誕100年 11月4日

今年アニヴァーサリーを迎える作曲家は、例年に比べて少ないようです。一般的によく知られている人ではリストとマーラーでしょう。いくつかのオーケストラでも記念の演奏会を予定しているようですね。

ルイ・クープランは有名な「大クープラン」(フランソワ)の叔父にあたる人。ヴェルサイユ宮殿で彗星のようにデビューしたクープラン三兄弟の長兄で、クープラン一家の祖となった重要な作曲家です。

個人的にはスヴェンセン、マクダウェル、ホヴァネスなどがこの機会に聴かれると良いのですが・・・。

本年もよろしくお願い致します。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です