東京籠城日記(7)

今日は別のテーマで書こうと思っていたのですが、さきほどスマホに着信音があり、何かと思って開くとニューヨーク・フィルのユーチューブ・チャンネルからの案内。今シーズンの予定が全てキャンセルとなったニューヨークの音楽界ですが、ニューヨーク・フィルも今日から「マーラー・デジタル・フェスティバル」を行うと発表したようです。

早速下記URLを開くと、マゼール指揮で交響曲第1番「巨人」が始まりました。
ビバリー・シルズがマゼールにインタヴューするシーンから始まり、ついつい引き込まれて全曲完走してしまいました。

https://nyphil.org/concerts-tickets/explore/series-and-festivals/mahlers-new-york

マゼールが音楽監督だった時代のビデオですから、4Kを見慣れている眼には些か古く感じられますが、音質は十分鑑賞に堪えるものでした。リンカーン・センターでの収録。

このあとも続々とアーカイヴが紹介され、30日のバーンスタイン指揮「復活」で締め括られるそうな。
ニューヨーク・フィルはマーラー自身が音楽監督を務めていたオーケストラで、巨人もマーラー自身の指揮でアメリカに紹介された、と最後にアナウンサーがコメントしています。

ニューヨーク・フィルのホームページはアーカイヴも充実していて、過去の演奏プログラムも全て検索することが出来ます。マーラー時代のプログラムを探して当時に思いを馳せるのも一興でしょう。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください