作成者: メリーウイロウ

ヴィグモア日誌(5)

5週目に入ったヴィグモア・ホールの2020年秋シーズン、コロナ感染の第2波が拡大しつつあるようで、海外渡航規制に伴うキャンセルが増えてきました。現地午後1時に開演するランチタイム・コンサートが行われたのは月曜日までで、コンサートの数もかなり...

読売日響・第602回定期演奏会

サントリーホールで月一回開催されている読売日本交響楽団の定期演奏会、本当に久し振りに聴いてきました。この前読響を聴いたのは今年1月の定期、下野竜也指揮でペスト流行時の酒宴ほかという誠に皮肉なプログラムでしたから、実に9か月ぶりのことです。定...

ウィーン国立歌劇場公演「後宮からの逃走」(オンライン)

実験的にライブストリーミングが行われているウィーン国立歌劇場。今朝方、モーツァルトの「後宮からの逃走」が配信されたので視聴したところです。国立歌劇場の告知では10月13日となっていましたが、どうやらそれは日本時間のことで、この収録は現地12...

ヴィグモア日誌(4)

日曜日に始まって土曜日に終わる7日間を一週間として纏めているヴィグモア日誌、第4週はピアニストの競演という印象でした。予定していた演奏会が海外渡航規制のためキャンセルされた回も複数あった週でもあります。いつものように日を追って紹介していきま...

日本フィル・第724回東京定期演奏会

台風(チャンホン)が近付いているという不安な情報もありましたが、10月9日金曜日にサントリーホールで開催される日本フィルの東京定期に出掛けました。つい先日まで暑かったのが嘘のような冷え込みです。6月に演奏会が解禁されて以来、ほぼどの会場もソ...

2夜連続のエリアス弦楽四重奏団(オンライン)

ヴィグモア・ホールの秋シリーズも第4週に入って、そろそろ1か月が経過します。ということは第1週に行われた演奏会の配信がそろそろ期限の30日に達するということで、聴き逃した方は早目にアクセスしておいて下さい。当ブログでは1週分を纏めて紹介して...

ウィーン国立歌劇場公演「ドン・カルロス」(オンライン)

9月7日、プッチーニの「蝶々夫人」を皮切りに新シーズンの公演が再開されたウィーン国立歌劇場ですが、これまで定期的に行われてきたライブストリーミングは、数本が試験的に行われているのみ。本格的な配信については現在も全く目処が立っていないのが現状...

第388回鵠沼サロンコンサート

9月に再開した鵠沼サロンコンサート、前回の加藤知子・加藤洋之のデュオ・リサイタルに続き、10月例会はチェロの上森祥平リサイタルでした。この回も休憩無し、1時間程度の短縮版コンサート。感染症対策が厳重に守られての開催です。曲目は2曲だけ。 ブ...

サルビアホール 第126回クァルテット・シリーズ

待ちに待ったサルビアホールが復活しました!!! !マークを三つも付けてしまう程の感激ですが、今年2月18日にべネヴィッツQを聴いて以来のクァルテット・シリーズ。実に7か月半ぶりに鶴見に降り立ちました。前回のシーズン38・第125回は、大阪国...

ヴィグモア日誌(3)

ヴィグモア・ホールの秋シーズン、3週目は様々な楽器による多様なプログラムが目立つ1週間でした。日を追って演奏者と曲目を概観していきましょう。 9月27日(日)は夜のコンサートのみ。この日はカプソン兄弟とフランク・ブラレイが出演する予定でした...

カスタリアン弦楽四重奏団(2)(オンライン)

29日のヴィグモア・ホール、夜の部もクァルテットで、9月22日に続いてカスタリアン弦楽四重奏団を楽しみました。前回に続いての2曲プロです。 9月29日ヤナーチェク/弦楽四重奏曲第1番「クロイツェル・ソナタ」ブラームス/弦楽四重奏曲第3番変ロ...