作成者: メリーウイロウ

カラビッツとラドゥロビッツの共演

昨日はプロムス2019がスタートして最初の日曜日、昼夜二つのプロムスが開催されました。マチネーのプログラムは、開幕コンサートでも紹介したようにアポロ11号月面着陸50年記念の一環で、月旅行に因んだ小品が並びます。若者向けのコンサートで、中に...

プロムスのボヘミアン・ラプソディー

プロムス二日目は良く知っている曲目だけでもあり、パスしようかなと思っていましたが、やっぱり聴いちゃいました。日本とは因縁の深い指揮者とオーケストラ、聴いて良かったと思います。一か月間は何時でも聴けますから、暇を見つけてどうぞ。こんなプログラ...

プロムス2019開幕

昨日の19日、英国名物のプロムスが125年目のシーズンを迎えました。私も2011年頃から毎年BBCラジオの無料放送を聴き続け、当ブログ内でもいくつかを紹介してきました。 去年は流石に煩わしくなって記事をアップするのは控えましたが、今年はパソ...

日本フィル・第712回東京定期演奏会

ヨーロッパ風に9月から7月までを一つのシーズンとしている日本フィル、7月定期がシーズン最後の締め括りとなります。その7月、ここ暫くは横浜が西本智実、東京は広上淳一と指揮者も定着していますね。七夕指揮者と言うか、織姫と彦星と言うか・・・。 先...

読売日響・第590回定期演奏会

スッキリとしない梅雨空が続く首都圏、赤坂サントリーホールで読響の7月定期を聴いてきました。このあとは多くのオケが夏休みに入り、次は秋。ということで一つの区切りでもある定期です。 7月は、去年3月に振る予定を体調不良でキャンセルしたハンガリー...

日本フィル・第349回横浜定期演奏会

もうこれっきりにしよう、と思うのですが、また行ってしまいました。西本智実のコンサート、日本フィルの7月横浜定期です。 プロコフィエフ/交響曲第1番ニ長調作品25(古典交響曲) メンデルスゾーン/ヴァイオリン協奏曲ホ短調作品64      ~...

サルビアホール 第115回クァルテット・シリーズ

鶴見サルビアホールのクァルテット・シリーズ、シーズン34の最後は日本を代表するクァルテット・エクセルシオ。このシーズンから始まった大阪国際室内楽コンクール優勝クァルテット・チクルスの第2弾となります。 エクセルシオは「優勝団体」ではありませ...

ウィーン国立歌劇場公演「アイーダ」

今日(6月30日)から三日間、ウィーン国立歌劇場のアイーダを楽しみましょう。オッタヴァ・テレビが放映中の撮れたてホヤホヤ映像で、豪華スター揃い踏みの公演です。 2018-19シーズンのプログラムとしては最後、5月から始まった中継、6月はマノ...

ウィーン国立歌劇場公演「トスカ」

オッタヴァ・テレビで試聴できるウィーン国立歌劇場の公演、6月の3本目はトスカでした。 でした、というのは既に配信が終了したからで、私は配信初日の24日(月)の夜に見たものの、翌日から昨日まで慌ただしく信州に出掛け、感想をアップする時間があり...

京都市交響楽団・東京公演2019

いろいろ迷走し、結局は東京で聴くことになりました。6月の京響です。 年間スケジュールが発表された今年の初め、カレンダーにマル印を付けて遠征を予定していたのが、6月21日に行われる広上淳一指揮京都市交響楽団の定期。ところがほぼ同じ内容のプログ...

ウィーン国立歌劇場公演「オテロ」

オッタヴァ・テレビが5月から配信を開始したウィーン国立歌劇場の録画中継、6月の第二弾は「マノン」に続き、ヴェルディの「オテロ」です。昨日の夜10時半から配信がスタートし、23日の夜10時半まで視聴可能。日曜の夜10時半までに見始めれば、映像...