カテゴリー: 音楽番組

ヴィグモア日誌(11)

ヴィグモア・ホールの秋シリーズ、11月の第4週は月曜日の昼・夜に加えて、火曜日の夜にもコンサートがありました。何れも無観客、3つのコンサートを紹介しておきましょう。1か月間はユーチューブで視聴可能です。 11月23日(月)のマチネは、エリア...

ヴィグモア日誌(10)

第2次ロックダウンが続くロンドンのヴィグモア・ホール、無観客での配信による秋シーズンは、11月第3週も月曜日のマチネと夜のコンサートのみ。その二つを纏めて紹介しておきます。 先ず11月16日(月)のマチネは、スコットランド生まれ、オペラ、オ...

ヴィグモア日誌(9)

前回のヴィグモア日誌に書いたように、イングランドが再びロックダウンとなったのを受け、ロンドンのヴィグモア・ホールの秋シーズンは無観客での演奏会をライブストリーミングするという形に変更せざるを得なくなりました。先週からコンサートそのものが激減...

ウィーン国立歌劇場公演「カヴァレリア・ルスティカーナ」「道化師」(オンライン)

簡単に紹介します。御存知のように、ウィーン国立歌劇場は9月に再開したものの、新型コロナウイルス感染が再拡大したことに伴い、オーストリアのクルツ首相が二度目のロックダウン実施を発表。11月3日から1か月間、オペラハウスやコンサートホールが閉鎖...

ヴィグモア日誌(8)

9月13日から始まったヴィグモア・ホールの秋シーズン、ここまで順調に開催されてきましたが、それと時を合わせるようにヨーロッパではコロナ感染第2波が拡大。最初の内は海外渡航規制に伴った出演者の変更が生ずる程度の影響でしたが、いよいよ演奏会が組...

ヴィグモア日誌(7)

10月25日(日)は、ソプラノのカタリーナ・コンラーディ Katharina Konradi と、ピアノのジョセフ・ミドルトン Joseph Middleton によるデュオ・リサイタル。コンラーディはキルギスタン生まれのソプラノで、母国語...

ヴィグモア日誌(6)

ヨーロッパではコロナ第2波が拡大、海外渡航規制が緩和される見込みも立たないようで、ヴィグモア・ホールもコンサートの数が減っています。第6週にBBC3とコラボレーションしている名物のランチタイム・コンサートが開催されたのは、10月19日だけ。...

ヴィグモア日誌(5)

5週目に入ったヴィグモア・ホールの2020年秋シーズン、コロナ感染の第2波が拡大しつつあるようで、海外渡航規制に伴うキャンセルが増えてきました。現地午後1時に開演するランチタイム・コンサートが行われたのは月曜日までで、コンサートの数もかなり...

ヴィグモア日誌(4)

日曜日に始まって土曜日に終わる7日間を一週間として纏めているヴィグモア日誌、第4週はピアニストの競演という印象でした。予定していた演奏会が海外渡航規制のためキャンセルされた回も複数あった週でもあります。いつものように日を追って紹介していきま...

ヴィグモア日誌(3)

ヴィグモア・ホールの秋シーズン、3週目は様々な楽器による多様なプログラムが目立つ1週間でした。日を追って演奏者と曲目を概観していきましょう。 9月27日(日)は夜のコンサートのみ。この日はカプソン兄弟とフランク・ブラレイが出演する予定でした...

ヴィグモア日誌(2)

ヴィグモア・ホールの秋シーズン、2週目のハイライトです。 先ず9月20日(日)はジャズの夕べのみでしたから、これはパスしました。 9月21日(月)のマチネは、レオノーレ・ピアノ・トリオ Leonore Piano Trio がベートーヴェン...