オクラホマのダービー

アメリカ競馬は、昨日の日曜日もG戦が2鞍行われました。 先ずベルモント・パーク競馬場のギャラント・ブルーム・ハンデキャップ Gallant Bloom H (GⅡ、3歳上牝、6.5ハロン)はfast の馬場に6頭が出走し、去年のエイコーン・...

ディープ産駒、来年のダービー候補に

アイルランドの平場シーズンもそろそろ終幕が迫ってきましたが、9月24日の日曜日にはナース競馬場で4鞍のG戦が行われました。最後の集中開催でもあります。本来この開催はカラー競馬場で行われますが、カラーは去年に続いて今年も改修工事が始まったため...

日本フィル・第330回横浜定期演奏会

このコンサート、感想を書くのは遠慮しようと思いましたが、新しいシーズンのスタートでもあり、記録の意味もあって簡単にレポートしておくことにしました。(簡単には書けなかったけれど) メンデルスゾーン/ヴァイオリン協奏曲      ~休憩~ ドヴ...

エイベル・タスマン敗れる!!

9月23日、土曜日のアメリカ競馬は3場で合計6鞍のG戦、結果が入って来た順に紹介していきます。 最初は秋開催が始まったニューヨークのベルモント・パーク競馬場から2鞍。最初のノーブル・ダムゼル・ステークス Noble Damsel S (芝G...

雨のスコットランド、快晴のイングランド

9月23日の英国競馬は2つの競馬場からG戦をレポートする予定でしたが、スコットランドのエア競馬場は連日の雨のため、木曜日からの開催3日間は全てキャンセルとなりました。 この開催は名物のハンデ戦エア・ゴールド・カップが土曜日のメインで、同じカ...

メゾン=ラフィットのGⅢ戦2鞍

9月20日は水曜日、フランスのメゾン=ラフィット競馬場で2鞍のGⅢ戦が行われました。翌週末の凱旋門賞ウィーク前の一仕事でしょうか。 馬場は相変わらず重く、heavy 。日本で言う不良馬場で、先に行われたベルトラン・ド・タラゴン賞 Prix ...

第365回・鵠沼サロンコンサート

初秋、というか未だ暑さが残る晩夏の一夜、鵠沼海岸レスプリ・フランセで行われたサロン・コンサートを聴いてきました。同サロンの発足が1990年9月だったこともあり、新シーズン最初のコンサートです。 渡辺玲子ヴァイオリン・リサイタル R.シュトラ...

タペタ・コースなら敵無し

9月18日は月曜日でしたが、アメリカはペンシルヴァニア州のプレスク・アイル・ダウンズ競馬場でプレスク・アイル・ダウンズ・マスターズ・ステークス Presque Isle Downs Masters S (GⅡ、3歳上牝、オールウェザー6.5...

広上淳一「と」京都市交響楽団

台風18号(タリム TALIM)の後を追うように京都市交響楽団が東京に襲来、赤坂のサントリーホールに嵐を巻き起こしました。差し詰めハリケーン・セルゲイ/淳一とでも名付けたい猛威。 そう、2014年度、第46回サントリー音楽賞を受賞した同コン...

ベルモントの秋開催がスタート

アメリカ競馬第3週は、ニューヨークのベルモント競馬場で秋開催がスタートしました。開催そのものは先週からオープンしていましたが、G戦は9月16日の土曜日が第一弾。他の2場と共にレポートしていきましょう。 そのベルモント・パーク競馬場、秋シーズ...

凱旋門賞最終便

9月16日はフランスでもG戦が2鞍行われています。very soft と如何にもフランスの秋競馬らしいメゾン=ラフィット競馬場。共に2000メートルですが、一つは3歳馬による周回コース、もう一つは古馬による直線コースです。 ローテーション的...

繁殖牝馬への手土産

セントレジャーが行われた16日、アイルランドのゴウラン・パーク競馬場でもヒッソリとG戦が一鞍行われました。 soft to heavy の馬場で行われたデニー・コーデル・フィリーズ・ステークス Denny Cordell Fillies S...