今週唯一のG戦

今年1月の第3週、1月20日の土曜日に組まれていたG戦はカリフォルニアの一鞍で、これがこの週では只一つのG戦でした。これだけ静かな週末は、アメリカでは珍しいことでしょう。 それが、サンタ・アニタ競馬場のラス・シーネガス・ステークス Las ...

紀尾井ホールのクァルテット・プラス

寒の真っただ中、小寒も末候を迎えた2月18日、久し振りに赤坂見附に出掛けました。この日は寒中にしては珍しく暖気が入り、コートは煩わしいほど。午後は珍しく新宿で過ごし、一旦帰宅してからの赤坂行です。 弁慶橋を渡り、大久保利通公が被災した清水谷...

祝日のメガヘルツ

日曜日はG戦が無かったアメリカ競馬ですが、翌日の月曜日、1月15日はルーサー・キング誕生日の祝日。サンタ・アニタ競馬場でメガヘルツ・ステークス Megahertz S (芝GⅢ、4歳上牝、8ハロン)一鞍が行われました。 firm の芝コース...

第369回・鵠沼サロンコンサート

土曜日の横浜行に続き、日曜日も神奈川県への出張コンサートです。今年一番の冷え込み、冬晴れが眩しい鵠沼海岸に降り立ちました。冬場のサロンは午後3時からのマチネー、未だ開場時間には少し早いけれど、ファンの出足が早い鵠沼サロンコンサートです。 今...

日本フィル・第334回横浜定期演奏会

1月最初のオーケストラ・コンサート、正月は松の内がニューイヤー・コンサートなどで立て込んでいるため、各オーケストラも第2週辺りから本格的に始動します。その結果バッティングするケースが生じ、小生の場合は日フィルの横浜定期と読響定期がモノの見事...

新年第2週のアメリカ競馬

新年のアメリカ競馬、第2週の1月13日は3つの競馬場で4鞍のG戦が行われています。 今日は先ずフロリダのガルフストリーム・パーク競馬場で行われた2鞍から行きましょうか。共に芝コースのマイルG戦で、先に行われた牝馬によるマーシュアズ・リヴァー...

新春の里山で音楽聴き始め

音楽聴き始め、と言っても勿論ナマ演奏のことで、音盤や放送では元旦から音楽が溢れていました。そろそろ外の風にもありたい頃で、今年のコンサート第一弾は意外にも都心を離れ、千葉の山里に出掛けます。 夕方から雨が降り出して荒天になるという予報の成人...

マイク・スミス、3歳戦ダブル

成人の日は遠出していたので、レポートが遅れました。1月7日にサンタ・アニタ競馬場で行われたサンタ・イネズ・ステークス Santa Ynez S (GⅡ、3歳牝、7ハロン)です。 前日に行われたシェイム・ステークスの牝馬版、同じく fast ...

新年最初のG戦

テレビニュースなどでもご存知のように、ニューヨークなどアメリカ東海岸は年末年始にかけて大荒れの天気。もちろん競馬もキャンセルが相次ぎ、1月2日に予定されていたアケダクト競馬場のジェローム・ステークスも延期されたまま、いつ代替されるかも決まっ...

戌年生まれの大作曲家

この正月3日のお遊び、2008年の子年生まれの大作曲家から始めましたから、今年を含めて残す所2回となりました。最後から2番目の干支は戌年です。 例によって高島暦などで戌年生まれの特徴を探して見ると、真面目で誠実、忍耐力があり、意志が強い努力...

2017年のアニヴァーサリー(演奏家編)

毎年同じ挨拶です。 お正月の余興、今年も第2弾はアニヴァーサリー・ネタ演奏家編。例年通り10年単位で拾っていきますが、ウッカリ大物を落としているかもしれません。その際は平にご容赦を・・・。って、これも毎年同じ挨拶です。 人数が多いので故人に...