日本フィル・第336回横浜定期演奏会

カンブルラン/読響の分厚いマーラーを堪能した翌日、横浜で気分もサイズも正反対な日本フィルのドビュッシーを聴いてきました。4月の日本フィルは首席のインキネン、横浜ではドビュッシー、来週の東京定期ではワーグナーだけという、これまた対照的な二人の...

読売日響・第577回定期演奏会

読響の2018/19シーズンが始まりました。4月定期は常任指揮者カンブルランが登場しますが、公表されているようにカンブルランにとっては常任指揮者としての最後のシーズンになります。「9年間の想いを胸に」とプログラム誌にも紹介されたように、我々...

第372回・鵠沼サロンコンサート

清明も末候となった4月17日、鵠沼で行われるサロンコンサートの例会を聴いてきました。今年はソメイヨシノが1週間以上早く満開となってすっかり葉桜。八重桜も僅かに花を残すのみで、藤がそろそろ見頃を迎えている首都圏です。 この日は朝から曇天、出掛...

神奈川フィル・第338回定期演奏会

長柄の音楽祭に通う期間中、合間の7日の土曜日に横浜みなとみらいホールで神奈フィルの4月定期を聴いてきました。新年度第1回のプログラムは、今年のアニヴァーサリー作曲家バーンスタインを特集した以下のもの。 バーンスタイン/スラヴァ!(政治的序曲...

ながらの春 室内楽の和・音楽祭2018

久し振りのブログ更新です。投稿の仕方も忘れちゃいましたけど、何とか思い出しながらやって見ましょう。今回のテーマは、4月4日から8日まで開催されていた表記「ながらの春 室内楽の和・音楽祭」のレポートです。 2018年が第3回となるこの音楽祭に...

競馬ブログ更新終了のお知らせ

当ブログでは開設以来、ヨーロッパとアメリカを中心に競馬に関する様々な情報を紹介してきましたが、残念ながら2018年4月1日を以て終了することと致します。 当欄は、英国競馬が近代化した18世紀後半から現在に至るまでの主要なレース、日本に付いて...

ニュー・メキシコからケンタッキーへ

3月25日、日曜日のアメリカ競馬G戦は、ニュー・メキシコ州のサンランド・パーク競馬場で行われたサンランド・ダービー Sunland Derby (GⅢ、3歳、9ハロン)一鞍。この日は同州産馬によるオークスやダービーも行われていますが、アメリ...

英愛の芝シーズンが始まる

イギリスとアイルランドの平場競走は毎年、復活祭に合わせるようにシーズンがスタートしますが、3月24日と25日の週末、英国はドンカスターで、アイルランドは Naas 競馬場で2018年の芝競馬が始まりました。 復活祭そのものはカレンダーの関係...

ウインスター・ファームに3頭目のダービー候補

3月24日、ケンタッキー・ダービー(5月5日)まで6週間となったアメリカ競馬、ダービー100ポイント戦の第一弾となるルイジアナ・ダービーが行われました。この日は3つの競馬場で合計7鞍のG戦、順に取り上げていきましょう。 最初はフロリダを取り...

バルタス/ナカタニ、サンタ・アナを連覇

3月第3週のアメリカ競馬、3月18日の日曜日にもG戦があって、サンタ・アニタ競馬場でサンタ・アナ・ステークス Santa Ana S (芝GⅡ、4歳上牝、9ハロン)が行われています。 当初は9頭が登録していましたが、ダブル登録していたフォー...

無敗の新星、マグナム・ムーン

カレンダーの関係で今年の3月は土曜日が5回、その真ん中に位置する3月17日は、4つの競馬場で合計6鞍のG戦が行われました。 フロリダのガルフストリーム・パーク競馬場ではインサイド・インフォメーション・ステークス Inside Informa...