ブルーノ・ワルター指揮ニューヨーク・フィル(7)

ワルターがニューヨーク・フィルの指揮台に最も多く立った1948-1949年シーズンの記録です。
1948年12月2・3・5日 カーネギーホール
 ブラームス/悲劇的序曲
 ブラームス/運命の歌
 マーラー/交響曲第2番
  指揮/ブルーノ・ワルター
  ソプラノ/ナディーヌ・コンナー
  アルト/ジーン・ワトソン
  合唱/ウェストミンスター合唱団
     (5日は悲劇的序曲を省略)
1948年12月9・10日 カーネギーホール
 ハイドン/交響曲第86番
 デロ・ジョイオ/変奏曲、シャコンヌとフィナーレ
 ブルックナー/交響曲第4番
  指揮/ブルーノ・ワルター
1948年12月12日 カーネギーホール
 メンデルスゾーン/真夏の夜の夢~序曲、夜想曲、スケルツォ
 ハイドン/交響曲第86番
 ヴォーン=ウイリアムス/タリスの主題による幻想曲
 R.シュトラウス/交響詩「死と変容」
  指揮/ブルーノ・ワルター
1948年12月14日 モスク劇場(ニュー・ジャージー)
 メンデルスゾーン/真夏の夜の夢~序曲とスケルツォ
 ヴォーン=ウイリアムス/タリスの主題による幻想曲
 R.シュトラウス/交響詩「死と変容」
 ブラームス/交響曲第2番
  指揮/ブルーノ・ワルター
1949年2月24・25・27日 カーネギーホール
 ベートーヴェン/「エグモント」序曲
 ベートーヴェン/交響曲第1番
 ベートーヴェン/交響曲第3番
  指揮/ブルーノ・ワルター
1949年3月3・4・6日 カーネギーホール
 ベートーヴェン/序曲「レオノーレ」第2番
 ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第5番
 ベートーヴェン/交響曲第2番
  指揮/ブルーノ・ワルター
  ピアノ/クリフォード・カーゾン
1949年3月10・11・13日 カーネギーホール
 ベートーヴェン/序曲「レオノーレ」第3番
 ベートーヴェン/ヴァイオリン協奏曲
 ベートーヴェン/交響曲第8番
  指揮/ブルーノ・ワルター
  ヴァイオリン/エリカ・モリーニ
1949年3月17・18日 カーネギーホール
 ベートーヴェン/交響曲第4番
 ベートーヴェン/三重協奏曲
 ベートーヴェン/交響曲第7番
  指揮/ブルーノ・ワルター
  ピアノ/ワルター・ヘンドル
  ヴァイオリン/ジョン・コリリアーノ
  チェロ/レナード・ローズ
1949年3月20日 カーネギーホール
 ベートーヴェン/序曲「レオノーレ」第1番
 ベートーヴェン/交響曲第4番
 ベートーヴェン/交響曲第7番
  指揮/ブルーノ・ワルター
1949年4月5日 ブッシュネル・メモリアル・ホール(コネチカット)
 ベートーヴェン/「プロメテウスの創造物」序曲
 ベートーヴェン/交響曲第1番
 ベートーヴェン/交響曲第3番
  指揮/ブルーノ・ワルター
1949年4月7・8・10日 カーネギーホール
 ベートーヴェン/「プロメテウスの創造物」序曲、アダージョ-アレグロ・モルト、アレグレット・フィナーレ
 ベートーヴェン/交響曲第6番
 ベートーヴェン/交響曲第5番
  指揮/ブルーノ・ワルター
1949年4月14・15・17日 カーネギーホール
 ベートーヴェン/「コリオラン」序曲
 ベートーヴェン/演奏会用アリア「ああ、裏切り者め」
 ベートーヴェン/交響曲第9番
  指揮/ブルーノ・ワルター
  ソプラノ/エレアノール・シュテーバー
  アルト/ナン・メリマン
  テノール/ラウール・ジョビン
  バス/マック・ハレル
  合唱/ウェストミンスター合唱団
     (17日は演奏会用アリアを省略)
《春のツアー・1949》
1949年4月26日 ロアノーク(ヴァージニア)
 ベートーヴェン/「エグモント」序曲
 ドヴォルザーク/交響曲第8番
 ブラームス/交響曲第1番
  指揮/ブルーノ・ワルター
1949年4月27日 ブルーミントン(インディアナ)
 ブラームス/ハイドンの主題による変奏曲
 ワーグナー/ジークフリート牧歌
 シューベルト/交響曲第9番「ザ・グレイト」
  指揮/ブルーノ・ワルター
1949年4月28日 シンシナティ(オハイオ)
 ベートーヴェン/序曲「レオノーレ」第3番
 ベートーヴェン/交響曲第6番
 ベートーヴェン/交響曲第5番
  指揮/ブルーノ・ワルター
1949年4月29日 トレド(オハイオ)
 ベートーヴェン/「エグモント」序曲
 ベートーヴェン/交響曲第1番
 ベートーヴェン/交響曲第3番
  指揮/ブルーノ・ワルター
1949年4月30日 ピッツバーグ(ペンシルヴァ二ア)
 ベートーヴェン/「エグモント」序曲
 ドヴォルザーク/交響曲第8番
 ブラームス/交響曲第1番
  指揮/ブルーノ・ワルター
1949年5月1日 ワシントンDC
 ベートーヴェン/「エグモント」序曲
 ドヴォルザーク/交響曲第8番
 ベートーヴェン/交響曲第6番
  指揮/ブルーノ・ワルター
     *****
何と言っても1949年シーズンのベートーヴェン・ツィクルスが話題でしょう。
春のツアーは4月18日から5月1日まで全米を回ったもので、前半をストコフスキー、後半をワルターが受け持ち、間の一日・4月25日だけバーンスタインが振っています。
これは1948年9月の「秋のツアー」とセットになっていまして、そちらは全てストコフスキーが指揮しました。

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です