ブルーノ・ワルター指揮ニューヨーク・フィル(11)

ワルターとニューヨーク・フィルの演奏会記録集、いよいよ最終回です。経年順にチェックされたい方は、(3)から(11)まで見た後に(1)、(2)の順にご覧下さい。日記の都合でこのようになりました。
この回は1952-1953シーズン、ニューヨーク・フィルの第111シーズンに相当します。
1952年12月25・26日 カーネギーホール
 バッハ/クリスマス・オラトリオ~シンフォニア(第2部・10曲)
 コレルリ/合奏協奏曲ト短調作品6-8
 ブルックナー/交響曲第8番
  指揮/ブルーノ・ワルター
1952年12月28日 カーネギーホール
 ワーグナー/楽劇「パルシファル」前奏曲
 ワーグナー/ジークフリート牧歌
 ワーグナー/楽劇「トリスタンとイゾルデ」前奏曲と愛の死
 R.シュトラウス/交響詩「死と変容」
 R.シュトラウス/交響詩「ドン・ファン」
  指揮/ブルーノ・ワルター
1953年1月1・2日 カーネギーホール
 マーラー/子供の不思議な角笛~トランペットが美しく鳴り響くところ
 マーラー/子供の不思議な角笛~誰がこの歌を作ったのだろう
 マーラー/リュッケルト歌曲集~私は快い香りを吸い込んだ
 マーラー/リュッケルト歌曲集~私はこの世に忘れられ
 マーラー/交響曲第4番
  指揮/ブルーノ・ワルター
  ソプラノ/イルムガルト・ゼーフリート
1953年1月4日 カーネギーホール
 モーツァルト/交響曲第35番
 マーラー/交響曲第4番
  指揮/ブルーノ・ワルター
  ソプラノ/イルムガルト・ゼーフリート
1953年2月12・13日 カーネギーホール
 モーツァルト/交響曲第38番
 モーツァルト/協奏交響曲変ホ長調K364
 ドヴォルザーク/交響曲第8番
  指揮/ブルーノ・ワルター
  ヴァイオリン/ジョン・コリリアーノ
  ヴィオラ/ウイリアム・ランサー
1953年2月15日 カーネギーホール
 モーツァルト/交響曲第38番
 ベートーヴェン/ヴァイオリン協奏曲
 ベートーヴェン/序曲「レオノーレ」第3番
  指揮/ブルーノ・ワルター
  ヴァイオリン/カミラ・ヴィックス
1953年2月19・20日 カーネギーホール
 ハイドン/交響曲第102番
 マーラー/大地の歌
  指揮/ブルーノ・ワルター
  アルト/エレナ・ニコライディ
  テノール/セット・スヴァンホルム
1953年2月22日 カーネギーホール
 ヴォーン=ウィリアムス/タリスの主題による幻想曲
 マーラー/大地の歌
  指揮/ブルーノ・ワルター
  アルト/エレナ・ニコライディ
  テノール/セット・スヴァンホルム
1953年3月2日 カーネギーホール
 ブルックナー/テ・デウム
 ベートーヴェン/交響曲第9番
  指揮/ブルーノ・ワルター
  ソプラノ/フランシス・イーンド
  メゾ・ソプラノ/マーサ・リプトン
  テノール/デヴィッド・ロイド
  バリトン/マック・ハレル
  合唱/ウェストミンスター合唱団(ジョン・フィンレー・ウイリアムソン指揮)
     *****
1953年3月のブルックナー作品は、5日後の3月7日に同じカーネギーホールで、同じ歌手たちとレコーディングが行われています。
また、モーツァルトの「ハフナー」交響曲のスタジオ録音は1953年1月16日のニューヨーク・30番街スタジオでの収録とクレジットされていますから、同年1月4日の演奏会の流れを引き継いだ演奏でしょう。
それはハイドンの第102番交響曲にも言えることで、レコーディングは1953年2月18日の30番街スタジオですから、録音の翌日と翌々日のコンサートとほとんど同じ演奏だと言えるでしょう。
こういう事実を念頭に置いて、ワルターのレコードを改めて聴いてみるのも一興ではないでしょうか。

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です