カテゴリー: 演奏会

二期会コンチェルタンテ・シリーズ「サムソンとデリラ」

2021年の生演奏聴き初めはこれ、オーチャードホールで行われた二期会の「サムソンとデリラ」でした。1月5日と6日の二日間公演のうち、私が出掛けたのは5日の公演。一年をオペラで開始するというのは、私にとっても珍しいことです。未だ松の内ですが、...

ウィーン国立歌劇場公演「こうもり」(無観客オンライン)

2021年が開けましたが、去年に続いて小欄の音楽聴き初めはヨハン・シュトラウスの喜歌劇「こうもり」でした。現地ウィーンで大晦日の夜に無観客で上演されたウィーン国立歌劇場からのライブストリーミングです。 アイゼンシュタイン/ゲオルグ・ニグル ...

ウィーン国立歌劇場公演「ばらの騎士」(無観客オンライン)

ロックダウン中のウィーン、国立歌劇場では12月から無観客公演をライブストリーミングする試みがスタートしましたが、その第4弾として18日、リヒャルト・シュトラウスの「ばらの騎士」が上演されました。日本時間では今日(19日)一杯は視聴できる予定...

ウィーン国立歌劇場公演「裏切られた海」(無観客オンライン)

ウィーン国立歌劇場の無観客ライブ公演、13日のトスカに続き、14日は新演出によるへンツェの歌劇「裏切られた海」が無料配信されました。世界中何処からでもアクセスでき、24時間だけの配信です。ご承知のように、このオペラは三島由紀夫の長編小説「午...

ウィーン国立歌劇場公演「トスカ」(無観客オンライン)

11月3日に第2次ロックダウンに入って以来閉鎖されているウィーン国立歌劇場ですが、この間は前回同様無料のアーカイブ配信で自粛中のファンを楽しませてくれていました。ところが私も最近知ったのですが、12月に入って実際に舞台上でオペラを無観客で上...

日本フィル・第726回東京定期演奏会

9日にサントリーホールで読響定期を聴きましたが、1日置いた昨日、同じサントリーホールで日本フィルの東京定期を楽しんできました。オーケストラ聴き比べですが、私にとってはこれが今年のオーケストラ聴き納め。今年は第9を聴く予定はありません。日フィ...

読売日響・第604回定期演奏会

新型コロナの感染拡大が続く中、日本のオーケストラ界も今年最後の月、12月定期が開催されつつあります。赤坂のサントリーホールを会場とする読響の12月定期は、何と言っても第10代常任指揮者セバスティアン・ヴァイグレが久し振りに来日を果たしたのが...

第390回鵠沼サロンコンサート

昨日12月1日から今年も愈々師走、今年最後となった鵠沼サロンコンサートに出掛けました。帰りが遅くなることもあり、今シーズン初めてコートを引っ張り出します。2020年12月初めの段階で未だ海外、特にアメリカやヨーロッパとの海外渡航が制限されて...

日本フィル・第725回東京定期演奏会

19日の読響定期に続き、20日は同じサントリーホールで日フィルの東京定期を聴きます。こちらも当初の予定から出演者・演奏曲目が一部変更されてのプログラムでした。 ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第5番変ホ長調作品73「皇帝」     ~休憩~リム...

読売日響・第603回定期演奏会

11月19日、赤坂のサントリーホールで読響の第603回定期を聴いてきました。今期の読響を聴くのは2回目、当初予定されていた演奏者・曲目は何だったか忘れましたが、海外渡航の規制やソーシャル・ディスタンスのルールなどで大幅に内容が変更された定期...