ニュー・メキシコからケンタッキーへ

3月25日、日曜日のアメリカ競馬G戦は、ニュー・メキシコ州のサンランド・パーク競馬場で行われたサンランド・ダービー Sunland Derby (GⅢ、3歳、9ハロン)一鞍。この日は同州産馬によるオークスやダービーも行われていますが、アメリカ全土を対象にしたこのレースが、サンランド・パークで行われる唯一のG戦。6週後のケンタッキー・ダービーへのポイントレースの一つで、1着から4着までは夫々50-20-10-5ポイントが与えられます。fast の馬場に12頭が出走し、ロス・アラミトス・フューチュリティー(GⅠ)で5着した実績のあるケンタッキー産馬のランナウェイ・ゴースト Runaway Ghost が外枠(11番枠)ながら7対2で1番人気。
第1コーナーで1番枠スタートを利して6番人気(7対1)のオール・アウト・ブリッツ All Out Blitz が逃げましたが、前半は6番手辺りに付けていたランナウェイ・ゴーストが第4コーナー手前で早くも前を捉えると、直線は独走。相手になったのは後方2番手から伸びた9番人気(16対1)のドリーム・ベイビー・ドリーム Dream Baby Dream のみで、同馬に2馬身4分の3差を付ける楽勝で見事人気に応えました。8番手から追い込んだ2番人気(4対1)のピース Peace が6馬身離されての3着。
トッド・フィンチャー厩舎、トレイシー・ヘバート騎乗のランナウェイ・ゴーストは、これで7戦4勝2着2回。上記のGⅠ戦が唯一掲示板に乗らなかったレースで、去年6月のサンタ・アニタで2戦目に初勝利。そのあとゴールデン・ゲートの一般ステークス(ゴールデン・ナゲット・ステークス)に勝ち、今期は1月にサンランド・パークの一般ステークス(ライリー・アリソン・ステークス)、前走もサンランド・パークの一般ステークス(マイン・ザット・ザ・ダービー・ステークス)で2着していました。ニュー・メキシコからケンタッキーに羽ばたくことになるのか、陣営の期待も膨らんでいることでしょう。

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です