2017愛ダービーの枠順

今週の土曜日、7月1日にアイルランドのカラー競馬場で行われる愛ダービーの枠順が発表されています。
当初は12頭が登録していましたが、3頭が回避して一桁の9頭立てとなりました。

1 カプリ Capri
2 ジ・アンヴィル The Anvil
3 ウイングズ・オブ・イーグルス Wing Of Eagles
4 グランディー Grandee
5 タージ・マハール Taj Mahal
6 ダグラス・マッカーサー Douglas Macarthur
7 クラックスマン Cracksman
8 ヴァルドガイスト Waldgeist
9 デュバイ・サンド Dubai Sand

9頭の内5頭がエイダン・オブライエン厩舎、このレース12勝目を目指すオブライエン師、英ダービー馬ウイングズ・オブ・イーグルスが1番人気になるのは間違いなさそう。エプサムでは大穴でしたが、今回はベギー騎手からライアン・ムーアに乗り替わるのは止むを得ない所。
オブライエン厩舎の馬では、オダナヒュー騎手がジェシカ・ハリントン厩舎の2勝馬グランディーに騎乗が決まっており、オダナヒューが乗っていたダービー7着のダグラス・マッカーサーにはドナック・オブライエンが、ダービー6着のカプリには引き続きヘファーナンが乗り、ダービー17着のジ・アンヴィルにアナ・オブライエン、仏ダービー4着のタージ・マハールにはヴェテランのローダンということで決まるようです。

その仏ダービーで2着だったヴァルドガイストが恐らく2番人気で、フランスからファーブル師が送り込み、ブードー騎手が予定されています。
英仏ダービー対決という興味もありますが、英ダービー1番人気で3着に敗れたフランケル Frankel 産駒のクラックスマンは3番人気になる気配。スマーレン騎手を背に逆転は十分可能でしょう。英国の期待。

あと1頭、デュバイ・サンドは1勝馬で、前走デリンスタウン・スタッド・ダービー・トライアル(GⅢ)では5着でした。ゴドルフィン/ボルジャー/マニング・コンビですが、可能性の低い1頭です。これが勝ては大穴。

 

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です