フランスもシーズン最初の2歳戦

土曜日のヨーロッパ、最後はフランスからドーヴィル競馬場で行われたG戦2鞍を取り上げましょう。先に行われたポルト・マイヨー賞 Prix de la Porte Maillot (GⅢ、3歳上、1400メートル)は、soft の馬場に5頭立て。仏2000ギニーで6着だったインズ・オブ・コート Inns Of Court が距離を短くしたここでは1対2の断然1番人気。
3番人気(42対10)アラジン Aladdine の逃げを2番手で追走したインズ・オブ・コート、期待に応えて抜け出すと、後方2番手から追い込む2番人気(41対10)のアフリカン・ライド African Ride に4分の3馬身差を付ける快勝。逃げたアラジンが2馬身差の3着に入り、1着から5着まで人気通りの結果で収まりました。

アンドレ・ファーブル厩舎、ミケール・バルザロナ騎乗のインズ・オブ・コートはゴドルフィンの所有馬、仏2000ギニーのあとはパレ・ロワイヤル賞(GⅢ)を制し、これでG戦2連勝となりました。

ドーヴィルのもう一鞍は、仏シーズン最初の2歳G戦ボア賞 Prix du Bois (GⅢ、2歳、1000メートル)。7頭が出走し、無敗馬が4頭。その中から6対4の1番人気に支持されたのは、5月28日にシャンティーのデビュー戦に勝ったばかりのハーゲイム Hergame でした。
5番人気(142対10)のヴィク・ザ・ビリー Vik The Billy が逃げ、ハーゲイムは2番手を進みましたが、残り1ハロンで先頭に立ったのが4番人気(53対10)のゾンザ Zonza 、2番人気(29対10)のエリザベス・ダーシー Elizabeth Darcy に4分の3馬身差を付けて優勝。1馬身差で3番人気(17対5)のアルデノード Ardenode が3着に入り、ハーゲイムは4着敗退です。

ディディエ・ギユマン厩舎、クリスチャン・デムーロ騎乗のゾンザは、4月にボルドーの1000メートル、5月にメゾン=ラフィットの1100メートル条件戦と連勝し、3戦無敗でG戦初勝利を挙げました。

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です