カテゴリー: 演奏会

サルビアホール 第132回クァルテット・シリーズ

オーケストラを聴くことが多かった5月でしたが、6月は室内楽を聴きに出かける機会が増えそうです。去年の今頃は演奏会は全滅でしたから、僅かではありますが事態は改善しているということでしょうか。6月最初の室内楽は、鶴見サルビアホールのクァルテット...

日本フィル・第730回東京定期演奏会

今月は色々なホールでいくつものオーケストラを聴いてきましたが、その締め括りがサントリーホールでの日本フィル東京定期。実は前日、27日にもここサントリーで広上淳一指揮N響の演奏会も聴いたのですが、感想はアップしていません。理由はもちろん感心し...

京都市交響楽団・第11回名古屋公演

東京・赤坂のサントリーホールで読響定期を堪能した翌朝、ガラガラの新幹線で名古屋に向かいました。愛知県芸術劇場コンサートホールで、1年半ぶりとなる京都市交響楽団の名古屋公演を聴くためです。今回が11回目の名古屋公演、私は1度だけどうしても外せ...

読売日響・第608回定期演奏会

5月21日の金曜日、赤坂のサントリーホールで開催された読響5月定期のレポートです。本来なら翌朝、つまり土曜日の午前中に感想を纏めてブログにアップするのが小欄の習慣なのですが、翌日は朝から京響の名古屋公演を聴くために出掛けていて時間が取れず、...

ワーグナー「ニーベルングの指環」ハイライト特別演奏会

5月16日、無事に首題の特別演奏会が開催されました。企画が発表された時から気になっていたコンサートでしたが、コロナ禍の現況では無事に開催されるのか、出演が予定されていた歌手たちが無事に来日出来るのかが判らず、チケットの購入を躊躇っていた特別...

ウィーン国立歌劇場公演「ファウスト」(無観客オンライン)

ウィーンからの最新情報では、長期間に亘って閉鎖されてきたウィーン国立歌劇場が漸く、一定の条件の下で5月19日に再開されるとのこと。長いトンネルの先にやっと光が見えた感じがしますが、未だ予断は許さないのが現実でしょう。そんな中、現地時間の4月...

日本フィル・第729回東京定期演奏会

遂に来た!! そしてギリギリ間に合った!! これが日フィル4月定期の全てでしょう。去年2月頃からコロナ禍に伴う海外渡航制限のために演奏会の予定を中止、変更せざるを得なかったのは世界共通。感染の波が一進一退を繰り返す中、各方面でも何とか海外か...

サルビアホール 第131回クァルテット・シリーズ

4月22日、サルビアホールでクァルテット・エクセルシオのショスタコーヴィチ・シリーズ第1回を聴いてきました。この回はプレトークがあるというので早めに出掛けましたが、これが正解。利用している京浜東北線が人身事故により大幅に遅延、大混乱になる前...

読売日響・第607回定期演奏会

首都圏のサクラはほぼ散ってしまいましたが、新会計年度を迎えた4月、読売日本交響楽団も2021/22シーズンが開幕しました。六本木一丁目駅からカラヤン広場に向かう橋の脇にある枝垂桜が辛うじて花を残しているのを見ながら、サントリーホールに向かい...

サルビアホール 第130回クァルテット・シリーズ

先月末にシーズン42がスタートしたサルビアホールのクァルテット・シリーズ、翌週には直ぐに今年2回目となる第130回が開催されました。この回は当初チェコのミハル・カニュカが出演する予定でしたが、出入国規制によりヴィザ取得が困難なため、日本を代...

サルビアホール 第129回クァルテット・シリーズ

今から10年前の2011年5月に開場した鶴見のサルビアホール、今年が丁度10年の節目となります。当初から名物企画として話題を呼んだクァルテット・シリーズの船出は2011年6月1日でしたが、去年はコロナの猛威を真面に被って漂流。ほぼ半年は航行...