カテゴリー: 音楽番組

ウィーン国立歌劇場アーカイヴ(60)

昨日配信された「ドン・カルロ」はもう一組の公演と纏めて取り上げることとして、今日は22日夜(日本時間)から配信されているムソルグスキーの「ホヴァンシチーナ」を紹介しましょう。このアーカイヴは24日の夜11時まで視聴できるとのことです。最初に...

ウィーン国立歌劇場アーカイヴ(59)

ヴェルディ「オテロ」に続いての配信は、同じシェークスピア作品を題材とし、やはりオペラ界に革新の風を吹き込んだ名作「マクベス」です。昨日と同じく音声はモノラルですが、チンバッソの張りのある低音はしっかり捉えられていると聴きました。これだけは「...

ウィーン国立歌劇場アーカイヴ(58)

ウィーン国立歌劇場のアーカイヴ・シリーズ、ヤナーチェクの2作品が終わり、再びヴェルディに戻ります。20日の配信は革新的にして大傑作の「オテロ」。「オテロ」は去年6月、今年の2月と二度に亘ってライヴ・ストリーミングされたウィーンでも人気のオペ...

ウィーン国立歌劇場アーカイヴ(57)

昨日の「シモン・ボッカネグラ」を挟むように、「マクロプーロス事件」に続いて同じヤナーチェクの歌劇「カーチャ・カバノヴァ」が配信されました。2017年4月27日の公演とのことで、先ずキャストを列記しておきましょう。マクロプーロス同様に滅多に見...

ウィーン国立歌劇場アーカイヴ(56)

「アイーダ」「ナブッコ」「仮面舞踏会」に続き、アーカイヴ配信によるウィーン国立歌劇場のヴェルディ週間第4弾は「シモン・ボッカネグラ」です。この演目は去年10月にライブ・ストリーミングの際に紹介しましたから、作品や演出に付いては10月の記事も...

ウィーン国立歌劇場アーカイヴ(55)

ウィーン国立歌劇場アーカイヴ・シリーズ、6月後半のヴェルディ週間に挟まれるように、スラヴ系オペラが配信されています。昨日の仮面舞踏会と明日のシモン・ボッカネグラの間には、ヤナーチェクの奇談に基づくオペラ「マクロプーロス事件」が放映中。滅多に...

ウィーン国立歌劇場アーカイヴ(54)

昨日の「ナブッコ」に続き、今日16日は同じくヴェルディの「仮面舞踏会」が配信されています。このところオッタヴァでは2日間視聴できるのが基本になったようで、慌ただしく聴く必要はありません。ヴェルディの名作をじっくり・タップリ堪能しましょう。 ...

ウィーン国立歌劇場アーカイヴ(53)

6月も半ばとなり、ウィーン国立歌劇場のアーカイヴ配信も残り半月となりました。6月後半はヴェルディ週間とも呼べるほどに巨匠の名作が続きますが、今日15日はヴェルディの事実上の出世作となった「ナブッコ」が配信されています。「ナブコドノゾール」が...

ウィーン国立歌劇場アーカイヴ(52)

今日は珍しいオペラを取り上げましょう。作品があることは知っていましたが、実際に音楽を聴くのも、ましてや舞台を見るのも初体験というプロコフィエフの歌劇「賭博者」。このオペラから編み直された管弦楽組曲のCDを持っていたと記憶しますが、棚の奥深く...

ウィーン国立歌劇場アーカイヴ(51)

ウィーン国立歌劇場のアーカイヴ配信、今日はプッチーニの「西部の娘」を取り上げましょう。このオペラはプッチーニの作品の中では余り上演の機会もなく、批評家筋の評判も余りよろしくないオペラとして知られていますね。私も実際の舞台をナマで体験したこと...

ウィーン国立歌劇場アーカイヴ(50)

6月上旬のウィーン国立歌劇場アーカイヴ・シリーズ、リヒャルト・シュトラウス週間として名作が続きましたが、12日に配信されている「ナクソス島のアリアドネ」でフィナーレを迎えました。実は11日にはシュトラウスのバレエ「ヨーゼフ伝説」も配信されて...

ウィーン国立歌劇場アーカイヴ(49)

本来なら6月のウィーンはドニゼッティの「ランメルモーアのルチア」に始まり、そのあとはヴェルディの「仮面舞踏会」「ナブッコ」「椿姫」「イル・トロヴァトーレ」「ファルスタッフ」が上演・ライブストリーミングがあってシーズンを締めくくる予定でした。...