仏オークスの枠順

日曜日にシャンティー競馬場で行われるディアーヌ賞、俗称フランス・オークスの枠順が発表されました。

01 バルチック・バロネス Baltic Baroness
02 トレーヴ Treve
03 シラソル Silasol
04 エソテリク Esoterique
05 セージ・メロディー Sage Melody
06 エンディオ Endio
07 パールサイド Pearlside
08 アルテライト Alterite
09 フロティーラ Flotilla
10 チキータ Chicquita
11 タサデイ Tasaday

仏1000ギニーの1着から3着まで、フロティーラ、エソテリク、タサデイが揃って出走してきたのが見所でしょう。フロティーラの2冠なるか、今年は今のところクラシックに2勝した馬はいませんから、彼女に期待が掛かります。
ギニーでフロティーラのペースメーカーを務めたセージ・メロディーも、再び同じ役目で臨むほか、ギニー組では10着のアルテライトも参加してきました。

ギニー回避組では、何と言ってもマルセル・ブーサック賞を制したシラソル。前走サン=タラリ―賞に勝って復活し、女王の座を奪い返す意気込みで臨みます。ギニー組対シラソル、という見方も出来そう。

他ではクレオパトラ賞のバルチック・バロネス、G戦初挑戦ながら無敗馬(2戦2勝)トレーヴ辺りが何処まで健闘できるか。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です