デル・マーも閉幕

昨日の9月4日、デル・マー競馬場も閉幕日を迎えました。開催最後のG戦はデル・マー・フューチュリティー Del Mar Futurity (GⅠ、2歳、7ハロン)。fast の馬場に10頭が出走し、トライアルのベスト・パル・ステークス(GⅡ)を制して無敗のアルバーツ・ホープ Alberts Hope が7対2の1番人気に支持されていました。
しかしレースは混戦。4~5頭が先頭争いに加わり、漸く落ち着いた時には大外発走のインデクシカル Indexical が先頭。直線も各馬が広がって大混戦の中、外から抜けたのは5番人気(7対1)の一角タマランド Tamarando で、2着で2番人気のダンス・ウィズ・フェイト Dance With Fate に半馬身差を付けていました。更に半馬身差で2番手を進んだキャン・ザ・マン Can the Man が3着で流れ込み、人気のアルバーツ・ホープは4着まで。
ジェリー・ホーレンドルファー厩舎、ジュリアン・ルパルー騎乗のタマランドは、前走3走目にここデル・マーで初勝利を挙げた馬で、4戦2勝。ハリウッド・パーク競馬場のデビュー戦は4着、続くデル・マー開催で2着した後、初勝利を記録していました。一昨日のホープフル・ステークスを制したストロング・マンデイト Strong Mandate に続きマッチェム系の馬が制したのが珍しく、勝馬の母は1993年のフューチュリティー勝馬ウイニング・パクト Winning Pact の半妹と、血統的にも注目されそうな一頭です。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です