カテゴリー: 音楽一般

沼尻竜典、最後のマエストロ・サロン

昨日、東京国際フォーラムで行われている日本フィルの企画「マエストロ・サロン」に参加しました。 会場の都合ということで、今回はいつものガラス棟ではなくホールD1。飲食禁止スペースなので茶菓の提供はありません。従って会費も500円均一。 今回の...

エク壮行会

私が詳細に亘って書くような内容ではありませんので、ここでは簡単な備忘録と致します。 昨日の土曜日、三鷹市の某音楽スタジオ兼イタリアン・レストランでNPO法人「エク・プロジェクト」の臨時社員総会が開催され、出席してきました。 既に雑誌等で紹介...

騙しのテクニック、夢遊病の女

メット・ライブビューイング、今シーズンの最後から2番目の演目を見てきました。ベッリーニの歌劇「夢遊病の女」。 今日は上映初日、週末ということもあってか109シネマズ川崎はほぼ満員。こんなに混んでいたのは初体験です。 このオペラはストーリーに...

ミンゲラ演出によるマダム・バタフライ

メット・ライブビューイング2008-2009の第8作はプッチーニの歌劇「蝶々夫人」、今日はこれを見てきました。いつもの川崎ラゾーナ内、109シネマズ川崎。 平日の11時開始ながら結構人が入るようになりました。チョッと遅めに行くと、&ldqu...

ゲネプロ

今日は神奈川県民ホールの「トゥーランドット」を聴きに行きますが、その前日、ゲネプロの公開とプレトークという催しが行われました。昨日のことです。 金曜日の午後2時からということで、参加した暇人、いや熱心なファンは100名を超えていました。定員...

読売日響・定期聴きどころ~09年4月

読売日響・聴きどころシリーズを2年チョッと、正確には2シーズンと3ヶ月に亘って定期演奏会と名曲シリーズについて続けて参りましたが、この企画もそろそろ潮時が来たのではないでしょうか。 多少マンネリに陥っている感がありますし、新シーズンの曲目を...

見るべし、「ジュリオ・チェーザレ」

今日は春爛漫、川崎ラゾーナ内の109シネマズ川崎でUKオペラ最後の出し物を見てきました。 これ、圧巻です。まだ見ていない人には絶対のお勧め。金曜日まで上映していますから、無理して時間を割いても見るべし。 ヘンデル/歌劇「ジュリオ・チェーザレ...

さすがのルチア

メット・ライブ・ビューイング、今シーズン7本目はドニゼッティの歌劇「ランメルモールのルチア」です。今週はいろいろあって、今日見てきました。 ルチア/アンナ・ネトレプコ エドガルド/ピョートル・べチャーラ エンリーコ/マリゥーシュ・クヴィエチ...

日本フィル・東京定期2009年3月のポイント

日本フィルの2月は恒例の九州公演。今年はホームページ上のレポートはありませんでしたが、無事に終了したようです。確か産経新聞で九州公演の意義などがレポートされておりました。 さて3月定期は月が改まって直ぐ、目前に迫っていますので、恒例のデータ...

読売日響・定期聴きどころ~09年3月

続いて3月定期はベートーヴェンの大曲、ミサ・ソレムニス1曲だけ。一曲だけなら聴きどころも簡単だろう、と思われるかもしれませんが、事はそう単純ではありませぬ。 実は私はこの作品に一種のトラウマがありまして、余程聴きどころは止めようと思ったほど...

オリジナル版によるグルック

メット・ライブ・ビューイング2008-2008の5本目はグルックの歌劇「オルフェオとエウリディーチェ」、今見てきました。 オルフェオ/ステファニー・ブライス エウリディーチェ/ダニエル・ドゥ・ニース 愛の神/ハイディ・グラント・マーフィ 指...

読売日響・名曲聴きどころ~09年3月

3月の聴きどころです。当初の発表では、スクロヴァチエフスキの首席としては最後の月になるはずでした。 既に正式発表されていますが、芸劇シリーズなどで演奏されるプログラムが変更になっています。自作の初演に代わってストラヴィンスキーの管楽器の交響...