カテゴリー: 音楽番組

ブラームス、ブラームス

月曜日にプロムス登場したハンガリーのオケ、ブダペスト祝祭管、二日連続でのコンサートです。前日も演奏したブラームスから、今回は交響曲2曲のへヴィーな選曲でした。 ところでブラームスはここまで余り出てきませんでしたが、漸くシンフォニーが二つ。こ...

踊りの音楽パートⅡ

昼の部に続いて夜も踊りの音楽。但しこちらはハンガリーの名門オケ客演で豪華なコンサートでした。このオケはプロムスの常連でもあります。 8月25日 ≪Prom 52≫ ブラームス/ハンガリー舞曲第14番 ブラームス/ハンガリー舞曲第7番 ブラー...

踊りの音楽パートⅠ

8月25日の月曜日、イギリスはバンク・ホリデーの休日でした。ということでプロムスも午後は無料のファミリー・プロムス、楽しい踊りの音楽を揃えたプログラムです。 夜のコンサートでも踊りプロの続編、2本立ての演奏会を続けて聴いちゃいましょう。 8...

ビエロフラーヴェク指揮チェコ・フィル

日曜日のプロムスはワールド・オケの一環、チェコ・フィル登場です。と言っても指揮のビエロフラーヴェクはBBC響の首席を務めたマエストロで、イギリスでは仲間も同然でしょう。 もちろん日本にもお馴染み。今回は主にチェコの音楽ということで盛り上がり...

お伽噺に因んだクラシック

さて先週土曜日のプロムスは、又してもオラモ登場。今年のプロムスを仕切っているマエストロが取り組んだのは、 8月23日 ≪Prom 49≫ ラヴェル/バレエ組曲「マ・メール・ロワ」 ユッカ・ティエンスー Jukka Tiensuu/Voice...

アイスランド響のプロムス・デビュー

バーミンガムに続いて登場したのは、世界のオーケストラ・シリーズの一翼を担うアイスランドからの賓客、今回がプロムス初登場となるアイスランド響のコンサートでした。 8月22日 ≪Prom 48≫ ハウクール・トマソン Haukur Tomass...

52年目の戦争レクイエム

21日のプロムスは、今年のテーマの柱である戦争。戦争と言えば英国ではこの曲が欠かせません。 8月21日 ≪Prom 47≫ ブリテン/戦争レクイエム  バーミンガム市交響楽団  指揮/アンドリス・ネルソンス Andris Nelsons  ...

千両役者バレンボイム

一昨年はベートーヴェン交響曲全曲シリーズ、去年はワーグナーの指輪全曲でプロムスを沸かせたダニエル・バレンボイム、今年のプロムスはこの演奏会だけですが・・・。 今回は2012年、ロンドン五輪の年にベートーヴェンを全曲取り上げたウエスト=イース...

メルボルン響のプロムス初登場

このところ暫くプロムスは現地大英帝国のオーケストラが続いていましたが、19日は今年のテーマでもある世界のオーケストラ・シリーズの一環です。 南半球からオーストラリアのメルボルン交響楽団のプロムス初登場。メルボルン響と言えばかつて我が岩城宏之...

エド・ガードナーとBBC響のロシア音楽

続いて18日のプロムス、一転してロシア音楽の夕べ、とも言えるようなコンサートでした。 8月18日 ≪Prom 43≫ ストラヴィンスキー/幻想的スケルツォ ラフマニノフ/鐘      ~休憩~ ストラヴィンスキー/ヴァイオリン協奏曲 チャイ...

第一次世界大戦に縁の作曲家たち

今年のプロムスのデーマの一つが第一次世界大戦勃発100周年ということは何度も紹介していますが、その極め付けが17日に行われたBBCスコティッシュ管の演奏会でした。 このプログラムを見て直ぐにそれがピンと来る人は、余程のクラシック音楽通でしょ...

ハイティンクの王道プログラム

先週土曜日のプロムスは、今年3月に85歳を迎えた巨匠ベルナルド・ハイティンクによる正に王道を行くプログラムが披露されました。マエストロにとって今年はデビュー60年の記念の年でもあります。 先日年下のローリン・マゼールが亡くなって世界をガッカ...