カテゴリー: 音楽番組

ゲルギーのロシア・プロ

8月13日のプロムスはロンドン交響楽団、首席指揮者ワレリー・ゲルギエフが得意のロシア物を振りました。得意の、と言っても滅多に聴けない作品も含まれているのは流石にプロムスです。 またグラズノフのソロを弾いたトリフォノフはショパン・コンクール第...

カーン作のシタール協奏曲

8月12日のプロムスはBBCウェールズ管、アサートン指揮で日本では余り聴く機会の無い作品が並びました。 ≪Prom 39≫ ホルスト/交響詩「インドラ」 ニシャット・カーン/The Gate of the Moon(シタール協奏曲第1番)(...

無料の第9コンサート

8月10日のプロムスは余り興味が沸かない内容だったのでパス、日曜日の回を聴きました。 この回は、ロイヤル・フィルハーモニック協会創設200年を記念するフリー・プロムスということで、入場無料だったようです。6月28日から売り出し、というかチケ...

バイエルン放響のマーラー「復活」

前日に続き、8月9日のプロムスはバイエルン放送交響楽団の客演、ヤンソンス指揮でマーラーの「復活」が取り上げられました。 ≪Prom 35≫ マーラー/交響曲第2番  バイエルン放送交響楽団  指揮/マリス・ヤンソンス  バイエルン放送合唱団...

バイエルン放響登場

昨日、8月8日に行われたプロムスです。これで追い付いたことになり、明日からは前日のレポートと言う本来の姿に戻ることになりますね。3日休むと取り戻すのに1週間掛かるということがこれで良く判りました。 昨日と今日は海外からの来演、バイエルン放送...

ルトスワフスキ生誕100年と、

今日もプロムスの中継を2本聴きます。これで夏休みの間の遅れを取り戻せることになりますな。 先ずは8月7日の演奏会から、BBC響のルトスワフスキ生誕100年を祝したプロにホルストを組み合わせた珍しい回です。 ≪Prom 32≫ ルトスワフスキ...

コルンゴルトの名演

続いて一昨日行われた演奏会を聴きました。BBCフィルと、首席客演指揮者を務める若手のストルゴード指揮。 ≪Prom 31≫ ウォルトン/行進曲「宝珠と王の杖」 ラッブラ/女王への頌歌 ブルッフ/ヴァイオリン協奏曲第1番      ~休憩~ ...

ノセダのロシア・プロ

追っかけるようにして聴いてきたプロムス、大分追い付いてきました。今日は月曜と火曜のコンサートを聴きますから、順調に行けば明日でオン・タイムになるでしょう。 ということで今日の第一弾は8月5日に行われた、 ≪Prom 30≫ ボロディン/歌劇...

ランニクルスのタンホイザー

前日に続き、8月4日の日曜日にはランニクルス指揮BBCスコティッシュ管によるワーグナー「タンホイザー」全曲の演奏会形式上演が行われました。 もちろんドイツ語による歌唱です。 ≪Prom 29≫ ワーグナー/歌劇「タンホイザー」(演奏会形式)...

巨匠ランニクルス

プロムスの遅れを取り戻すべく、早朝からBBCにアクセスしています。どうやら猛暑が戻ってくるようですから、早朝のいくらかでも涼しい時間に聴きましょう。 今回は8月3日の分で、 ≪Prom 28≫ ヨハン・シュトラウス/美しく青きドナウ マクミ...

盛り沢山なスコティッシュ・ナショナル管

続いて8月2日のプロムス、20分の休憩が2回入る長いコンサートです。休憩も入れて3時間。 ≪Prom 27≫ ナレッシュ・ソハール/宇宙の踊り The Cosmic Dance(BBC委嘱作、世界初演)      ~休憩~ ラフマニノフ/ピ...

ピーター・ゼルキン、プロムス初登場

霧ヶ峰、蓼科の避暑から戻り、気分はすっかりオフになってしまいました。一日かけて日記を整理し、普段の生活に戻ろうとしましたが、中々躰が受け付けないようです。 BBCのプロムス中継も3~4日休むと面倒臭い気持ちが先に立ちますが、賞味期限もあるこ...