カテゴリー: 音楽番組

プロムス・リング第3夜

今朝は雷の音で目が覚めました。時計を見ると午前4時を少し回ったところ。窓から外を見ているとやがて雨が降り出し、今朝の散歩は止めにします。 所在なくBBC3に繋ぐと、丁度ジークフリートの第3幕が始まる時間。午前4時45分頃でしたが、そのまま中...

舞踏の神化

昨日のプロムスはクラシックの演奏会としては異様な盛り上がり。前半はまだしも、後半はロイヤル・アルバート・ホール全体が踊っていました。ということで、こんなプログラム。 ≪Prom 17≫ ジョン・マッケイブ/ジョイボックス Joybox(BB...

バントックとチャイコフスキー

プロムスのワーグナー・リング・サイクルは一旦休憩に入り、7月24日はいつものオーケストラ・コンサートです。 ≪Prom 16≫ エルガー/ファルスタッフ バントック/サッフォー風詩曲 Sapphic Poem      ~休憩~ ウォルトン...

プロムス・リング第2夜

やっと昨日のプロムスを聴き終わりました。ワーグナーの楽劇は長丁場ですね。 リングは正しくは序夜と三部作ということで、ワルキューレは第一夜ですが、実際の演奏は4日間を要しますので第2夜ということにしました。 ロイヤル・アルバート・ホール、ライ...

プロムス・リング第1夜

愈々昨日(7月22日)からリング全曲公演がスタートしました。もちろん演奏会形式ですが、プロムスで1シーズンにリング全曲が取り上げられるのは史上初のこと。 去年はベートーヴェン交響曲全曲チクルスを振ったバレンボイム、2年連続でプロムスの中心的...

米露の共同作業

一時放送が途切れていましたが、回復して聴き終えた昨日の≪Proms 13≫は、新たにアメリカで結成されたユース・オケのイギリスデビューです。 指揮はロシアを代表する巨匠ゲルギエフ、ということでアメリカとロシアのコラボレーション・プログラムで...

ヴィヴァ! ヴェルディ

7月20日の≪Proms 12≫は、前日に続いてパッパーノ指揮ローマ聖チェチリア音楽院管弦楽団のコンサート。彼等の最も得意とするヴェルディ作品、生誕200年記念の一夜でもあります。 ヴェルディ/弦楽四重奏曲(カール・ヘルマン編/弦楽オーケス...

パッパーノとローマ聖チェチリア

金曜日と土曜日のプロムスは、イタリアからローマ聖チェチリア音楽院管弦楽団の客演です。ロンドンではサーの称号で人気者になっているパッパーノの指揮。 確か英国では海外団体の公演は一都市2公演までという規則があったと思いますが、現在でも生きている...

音楽世界旅

7月18日の ≪Proms 9≫ は指揮者ソンデガードのプロムス初登場、BBCウェールズ響のコンサートです。指揮者の名前、ぶらあぼではセンデゴーと書かれていますが、アナウンサーの発音を聞いているとどうしてもソンデガードと聞こえます。というこ...

待望のアデス新作初演

昨日のプロムスは、今年生誕100年を迎える現代の偉大な作曲を讃えるコンサートでした。ゴスペルの回が間にあったため、≪Proms 8≫ としての公演。 またこの回は、現役の英国最大の作曲家と目されているトーマス・アデスの待ちに待った新作が世界...

辻井伸行のプロムス・デビュー

7月16日の ≪Prom 6≫ は、日本でも話題になっている辻井伸行のプロムス・デビューでした。共演は今春、佐渡裕の指揮で日本各地を回ったBBCフィルとの共演です。 プログラムは以下のもの。 デヴィッド・マシューズ/海の幻影(BBC委嘱作、...

アルデッティQとバンベルク響の共演

7月15日の「プロムス 5」は、ドイツのバンベルク交響楽団を迎えての演奏会。首席指揮者のノットは東京交響楽団のシェフに就任することが決まりましたから、注目の公演。 で、曲目もコテコテのドイツ音楽を並べたもの。ラッヘンマンは東響との縁もあった...