2000ギニー枠順発表!

明日から5月、いよいよヨーロッパ競馬のクラシック・レースが始まります。その第一弾が5月1日(土)にニューマーケット競馬場で行われる2000ギニー。日本時間の昨夜9時頃、枠順が発表されました。19頭立て。

01 エルーシヴ・ピンパーネル Elusive Pimpernel
02 アウザーン Awzaan
03 レッド・ジャズ Red Jazz
04 キャンフォード・クリフス Canford Cliffs
05 ロード・ゼニス Lord Zenith
06 ハーツ・オブ・ファイア Hearts of Fire
07 エルスペス・ボーイ Elspeth’s Boy
08 オーダシティー・オブ・ホープ Audacity of Hope
09 フェンシング・マスター Fencing Master
10 アル・ジール Al Zir
11 ディック・ターピン Dick Turpin
12 セント・ニコラス・アベイ St Nicholas Abbey
13 グレイフライアーズコーリスタ Greyfriarschorista
14 ヴァイカウント・ネルソン Viscount Nelson
15 マクフィ Makfi
16 フェア・トレード Fair Trade
17 エクステンション Xtension
18 インラー Inler
19 バズワード Buzzword

明け3歳になってからイギリス各地のトライアルで実績を残した馬では、クレイヴァン・ステークスに勝ったエルーシヴ・ピンパーネル、グリーナム・ステークスに勝ったディック・ターピン、これに半馬身差2着のキャンフォード・クリフス、ヨーロピアン・フリー・ハンデキャップのレッド・ジャズが目を惹きます。

海外のトライアル組からは、フランスでジェベル賞に勝ったマクフィが唯一頭ドーヴァー海峡を渡ります。

アイルランドからはエイダン・オブライエン厩舎が3頭を送り込んできました。セント・ニコラス・アベイ、フェンシング・マスター、ヴァイカウント・ネルソンがそのトリオですが、レパーズタウン・2000ギニー・トライアルで2着に入ったヴァイカウント・ネルソンにキーレン・ファロンが騎乗するのが大注目でしょう。ファロンがオブライエン厩舎の馬に乗るのはディラン・トーマスの凱旋門賞以来のことですね。新たなコンビネーションのスタートとなるか。

セント・ニコラス・アベイ、アウザーン、エクステンション、インラー、ハーツ・オブ・ファイア、フェンシング・マスター、アル・ジールなどの有力馬はトライアルを使わずに本番に直行しました。

恐らく1番人気は無敗のセント・ニコラス・アベイでしょうが、6対4と2倍を切らないオッズ。去年のシー・ザ・スターズ Sea The Stars に続いてアイルランドに栄光をもたらすでしょうか。

なお5月1日はアメリカ競馬最大の祭典であるケンタッキー・ダービーが行われますし、他にイタリア1000ギニーとドイツ2000ギニーもあります。
そして2日の日曜日は1000ギニー。いよいよ忙しい季節がやってきました。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です