プロム2013もラスト・ナイト

今年のプロムスも遂に最終回、ロンドン名物のラスト・ナイトを迎えました。
これについてはいずれNHKでも放送されるでしょう。ザッと紹介するに留めたいと思います。

≪Prom 75≫
アンナ・クライン/仮面(BBC委嘱作、世界初演)
ワーグナー/楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲
バーンスタイン/チチェスター詩編
ヴォーン=ウィリアムス/揚げひばり
ブリテン/劇場の建設
マスネ―/歌劇「天使ケルビム」~Je suis gris! je suis ivre!
ヘンデル/歌劇「セルセ」~Frondi tenere e belle…Ombra mai fu
ロッシーニ/歌劇「湖上の美人」~Tanti affetti in tal momento
     ~休憩~
バーンスタイン/「キャンディード」序曲
バーンスタイン/「キャンディード」~Make our Garden Grow
ヴェルディ/歌劇「ナブッコ」~Va, pensiero
アーレン/Over the Rainbow
モンティ/チャルダッシュ
民謡「ロンドンデリー・エア」
ロジャーズ/「回転木馬」~ひとり行く道
バントック/Sea Rivers
ロイド/HMS Trinidad March(イギリス初演)
アーン/ルール・ブリタニア
エルガー/行進曲「威風堂々」第1番
パリー=エルガー/エルサレム
英国国歌(ブリテン編曲版)
 BBC交響楽団
 指揮/マーリン・オルソップ
 ナイジェル・ケネディー(ヴァイオリン)
 ジョイス・ディドナート(メゾ・ソプラノ)
 イェスティン・デイヴィス(カウンター=テナー) 
 BBCシンフォニー・コーラス

今回の特徴は、オルソップが女性で初めて指揮台に立つこと。歴史を創った指揮者となりました。
アニヴァーサリーを迎えたワーグナー、ヴェルディ、ブリテンに加え、今年のプロムスの顔でもあったバントックなど。

ゲストでは、デイヴィスはバーンスタイン/チチェスター詩編の第2楽章、作曲家がボーイ・ソプラノに充てたパートを歌います。
ケネディは前半の「揚げひばり」に続き、後半はモンティ。プロムスならではの大暴れで、会場は沸きに沸きます。映像で見たい一曲。

オルソップのスピーチは、威風堂々の後で。
最後に演奏されるゴッド・セイヴ・ザ・クィーンは、珍しいブリテンのアレンジで。また来年、と会場が「蛍の光」に包まれました。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です