祝日のGⅡ戦

昨日のアメリカはマーチン・ルーサー・キング牧師の誕生日で休日、カリフォルニアのサンタ・アニタ競馬場ではGⅡのサンタ・モニカ・ステークス Santa Monica S (GⅡ、4歳上牝、7ハロン)が行われました。3年前まではGⅠだった一戦ですね。
今年は1頭が取り消して6頭立て、前走年末のラ・ブレア・ステークス(GⅠ)でG戦初勝利を果たし、いきなりGⅠ馬となったサムズ・シスター Sam’s Sister が6対5の1番人気。土曜日のラ・カニャーダ・ステークスにも登録がありましたが、4歳のみのレースを取り消し、4歳上のこちらを選んできました。

レースは2番人気(3対1)で並んだ2頭、ダンシンザナイトアウェイ Dancinthenightaway とマイ・スイート・アディクション My Sweet Addiction 、更に4番人気(5対1)のスイート・マリーニ Sweet Marini の3頭が雁行するように先頭を争いましたが、結局はダンシンザナイトアウェイの逃げで落ち着きます。しかしペースが速かったか、2番人気の2頭が次々と後退する中、直線ではやや離れた4番手を追走していた本命サムズ・シスターが進出。2番手から粘るスイート・マリーニに1馬身4分の1差を付けて人気に応えました。2馬身4分の3差が付いて、後方2番手から追い込んだブービー人気(10対1)のハーリントンズ・ローズ Harlington’s Rose が3着。
ジェリー・ホーレンドルファー厩舎、エルヴィス・トルヒーヨ騎乗のサムズ・シスターは、これで7ハロンのG戦に2連勝。7ハロンでは3戦して負けなしのスペシャリストと言えるでしょう。

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です