2017仏1000ギニーの枠順

この週末はフランスの1000ギニーと2000ギニーが行われます。ロンシャン競馬場が改修中のため、今年も去年に続いてドーヴィル競馬場が舞台。去年は同日に両ギニーが行われましたが、今年は土曜日に牝馬、日曜日が牡馬と別れました。
小回りのロンシャンに比べればドーヴィルの1600メートルは直線コースなので、その意味では枠順の有利不利はロンシャンほどではないでしょう。

01 スモウルダー Smoulder
02 ヴィア・ラヴェンナ Via Ravenna
03 プレシューズ Precieuse
04 トゥリフォー Toulifaut
05 ヴァジナー Wajnah
06 デレクテイション Delectation
07 レイン・ゴッデス Rain Goddess
08 クリスタル・フィズ Crystal Fizz
09 ゴーケナ Gokena
10 アマーニ Amaani
11 シー・オブ・グレース Sea Of Grace
12 アシディアス・アレクサンダー Asidious Alexander
13 フェスティヴ Festive
14 センガ Senga
15 チャーム・アピール Charm Appeal
16 ローリー・ポリー Roly Poly
17 タイース Thais
18 ユーリスティック Heuristique

頭数も多く、英1000ギニー以上に難解。どの馬が人気になるのかも良く判りませんが・・・。

実績から言えばグロット賞(GⅢ)勝馬で、マルセル・ブーサック4着のセンガと、アンプルーダンス賞(GⅢ)に勝って2戦2勝、アンドレ・ファーブル厩舎のヴィア・ラヴェンナとの争いでしょうか。
もちろんアイルランドからオブライエン厩舎が送り込むローリー・ポリーとレイン・ゴッデスも人気になりそうで、前者はチェリー・ヒントン・ステークス(GⅡ)に勝って、ネル・グィン・ステークス(GⅢ)7着。後者はフレッド・ダーリング・ステークス(GⅢ)4着ですが、ウォッチマンからの転厩馬という点が英1000ギニーのウインター Winter と重なります。

ハッガス厩舎から渡仏する2戦2勝のクリスタル・フィズ、同じく2戦2勝でロホー厩舎のヴァジナー、ドイツから遠征の遠征馬で3戦3勝、シュヴァルツゴルト・レンネン(GⅢ)の覇者デレクテイションも不気味。
他ではアンプルーダンス賞2着のタイース、シジー賞(GⅢ)2着のプレシューズ、オマール賞(GⅢ)勝馬でグロット賞4着のトゥリフォー辺りか。

去年のラ・クレソニエール La Cressonniere に続く新星が生まれるかどうかも楽しみです。
因みにムーアもデットーリもイギリスに留まってリングフィールド・ダービー・トライアルに騎乗。ローリー・ポリーにはドンナチャが、レイン・ゴッデスにはローダンが騎乗します。

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です