2017年夏のドーヴィルが開幕

フランスの夏競馬と言えばドーヴィル競馬場、今年も9月初旬までの夏開催がスタートしました。

9月29日に行われたG戦第一弾はプシケ賞 Prix de Psyche (GⅢ、3歳牝、2000メートル)、good の馬場に9頭立てです。仏オークスの雪辱戦でもあるGⅢ、そのオークスで落馬してほとんど競馬をしていないオンザムーンアゲン Onthemoonagain が同じスミオンで19対10の1番人気。
3番人気(11対2)のターフ・ローレル Turf Laurel が逃げましたが、3番手に付けた8番人気(39対1)の伏兵ヴュー・ファンタスティック Vue Fantastique が抜け出すと、4番手追走の2番人気(23対10)リッスン・イン Listen In に半馬身差を付けるサプライズ。人気のオンザムーンアゲンは後方2番手から追い込むも、短首差届かず3着に終わりました。

勝ったヴュー・ファンタスティックは本命オンザムーンアゲインと同じアメリカ人オーナーの勝負服ですが、管理するのは別のファブリス・シャペ師で、オリヴィエ・ペリエが騎乗していました。
彼女も仏オークスに出走していましたが、18頭立ての11着。その前のサン=タラリ賞(GⅠ)でソーベツ Sobetsu の2着しており、ドーヴィル競馬場が性に合っているようです。実は未だ未勝利で仏オークスに挑んだヴュー・ファンタスティック、これが初勝利でもありました。
オーナーがアメリカ人と言うこともあり、秋のヴェルメイユ賞ではなく、9月にニュー・ヨークで行われるサンズ・ポイント・ステークス(芝GⅡ)を目標にしている由。あるしはこれがフランスでの最後のレースになるのかもしれません。

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です