2017ニューマーケット9月開催初日

今週末はどうしても凱旋門賞に話題が集中し勝ちですが、ニューマーケットでも来シーズンに向けて目が離せない開催が行われています。主に2歳の重要なG戦が組まれている9月開催。
9月28日の木曜日から3日間、その初日の結果が入ってきました。

この日のニューマーケット競馬場は good to soft 、所により soft の馬場で、G戦は一鞍のみ。トトソルズ・サマーヴィル・ステークス Tattersalls Somerville S (GⅢ、2歳牡せん、7ハロン)は9頭立てで行われました。160万ギニーで落札されたという髙馬エラーカム Elarqam が11対8の1番人気。前走新馬戦を楽勝したばかりの期待馬です。
レースはスタンド側と馬場中央の二手に分かれ、馬場中央を先行した本命エラーカム、エンジンが掛かるのが遅いようにも見えましたが、坂の上りに掛かって漸く加速、後方から追い込む2番人気(9対2)ティップ・トゥー・ウィン Tip To Win に2馬身4分の1差を付けて期待に応えました。スタンド側を先行していた5番人気(8対1)のタングルド Tangled が短頭差で3着。

マーク・ジョンストン厩舎、ジム・クロウリー騎乗、シェイク・ハムダン・アル・マクトゥーム氏所有のエラーカムは、ヨーク競馬場7ハロンのデビュー戦に続いて2連勝。来年2000ギニーのオッズはレース前の25対1から20対1に上昇しました。
何と言っても血統が魅力で、父はフランケル Frankel 、母アトラクション Attraction も英愛1000ギニーを連覇し、更にコロネーション・ステークスとサン・チャリオット・ステークスを加えてGⅠ戦に4勝した名牝。160万ギニー(競馬の世界では未だこの古い貨幣単位が使われている)は日本円に換算すれば2億4千万円ほどでしょうか。値段に見合った活躍が期待されている1頭です。

 

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です