2017年アメリカ、最後のG戦

2017年のアメリカ競馬も、12月30日の土曜日が最後のG戦デイでした。サンタ・アニタ競馬場の3鞍、去年は3戦とも大晦日に行われてましたが、雨のためロバート・J・フランケルはダートに変更になっていましたっけ。
幸い今年は雨も降らず、無事に1年を終えたようです。それではサンタ・アニタ競馬場のG戦をレース順に振り返っていきましょう。

最初はロバート・J. フランケル・ステークス Robert J. Frankel S (芝GⅢ、3歳上牝、9ハロン)。firm の芝コースに6頭立て。G戦は未勝利ながら、前々走アセーニア・ステークス(芝GⅢ)で3着、堅実に入着しているエルシーズ・ワールド Elysea’s World が8対5の1番人気。
レースは最低人気(22対1)のミッドナイト・クロッシング Midnight Crossing が逃げ、エルシーズ・ワールドは5番手から末脚に賭けましたが、直線外から良く伸びたものの逃げ馬を捉え切れず、結局はミッドナイト・クロッシングが本命エルシーズ・ワールドを半馬身差抑えて逃げ切ってしまいました。4番手を進んだ4番人気(9対1)のラシーンLaseen が首差の3着と、大晦日の波乱劇です。
リチャード・バルタス厩舎、ブライス・ブラン騎乗のミッドナイト・クロッシングは、これがG戦初勝利となる4歳馬で、3歳までは英国で走って1勝していた馬。アメリカに転じてからは2戦目にカナダのウッドバイン競馬場でアローワンス戦に勝ち、これが2勝目。カナダのGⅢ戦で3着したことがあり、前走もカナダの一般ステークス(リヴァー・メモリーズ・ステークス)で4着でした。

次いでは、これが今年最後のGⅠ戦となるアメリカン・オークス American Oaks (芝GⅠ、3歳牝、10ハロン)。1頭が取り消し、最後のGⅠ戦を目指した3歳牝馬は9頭。既に2歳時にBCジュヴェナイル・フィリーズ・ターフ、今年もベルモント・オークスとGⅠ戦に2勝しているニュー・マネー・ハネー New Money Honey が9対5の1番人気。
大外枠から出た7番人気(23対1)のコーチウィップ Coachwhip が逃げ、人気のニュー・マネー・ハネーはこれを2番手でピタリとマーク。第4コーナー手前で逃げ馬は一杯となり、外から本命馬が交わして先頭に立ちましたが、前2頭を3番手の内で追走していた2番人気(2対1)のダディーズ・リル・ダーリング Daddys Lil Darling が直線で外から追い込み、最後方から更に外を伸びる3番人気(4対1)のマダム・ダンセアロット Madam Dancealot を半馬身差抑えての優勝。5番手に付けていた6番人気(18対1)のキャシーズ・ソング Kathy’s Song が最内を衝いて1馬身半差の3着に食い込み、人気のニュー・マネー・ハネーは更に半馬身差の4着に沈みました。
ケネス・マクピーク厩舎、マイク・スミス騎乗のダディーズ・リル・ダーリングは、これが2歳時のポカホンタス・ステークス(GⅡ)以来のG戦2勝目。BCジュヴェナイル・フィリーズは4着で、今春のケンタッキー・オークスで2着。芝のベルモント・オークスは4着し、CCAオークスが5着、次いで一般ステークスに勝ち、クィーン・エリザベス2世チャレンジ・カップ2着。そして前走、ミセス・リヴィア・ステークス(GⅡ)3着から、今期最後のGⅠ戦勝ちに繋げました。

そして今年最後のG戦となったのが、ダートの短距離戦、ミッドナイト・リュート・ステークス Midnight Lute S (GⅢ、3歳上、6.5ハロン)。去年は2頭の同着でしたが、今年は fast の馬場に2頭が取り消して7頭立て。G戦は未勝利ながら、前走シガー・マイル(GⅠ)で4着したアメリカナイズ Americanize がイーヴンの1番人気。
そのアメリカナイズが好スタートから先頭に立ちましたが、スタートで出遅れた3番人気(3対1)のサイレント・バード Silent Bird が1番枠から押し上げてリードを奪うと、直線では後ろを確かめながら思い切って内ラチ沿いに進路を切り、3番手追走から外を追い込む5番人気(12対1)のタフ・サンデー Tough Sunday を首差抑えての逃げ切り勝ち。2番手に控えたアメリカナイズがハナ差3着で続きました。
マーク・グラット厩舎、ケント・デサーモ騎乗のサイレント・バードは、これがG戦初勝利となる5歳牡馬。今年初めにサンタ・アニタでアローワンス戦に勝った後、4月のトリプル・ベンド・ステークス(GⅠ)で4着。8月にはパット・オブライエン・ステークス(GⅡ)で3着し、これが未だ今期4戦目。間隔をあけて大事に使われていますが、初めて装着したブリンカーが功を奏したのかもしれません。

ということで2017年のアメリカ競馬も全スケジュールを終了しました。2018年は、毎年お正月に行われるアケダクトのジェローム・ステークスがリステッド戦に降格となったため、新年最初のアメリカ競馬レポートは1月6日のサンタ・アニタ競馬場からとなります。新年度も宜しくお願い致します。

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です