カテゴリー: 演奏会

日生劇場「アイナダマール」

先週末、11月15日と16日に日生劇場でオスバルド・ゴリホフ(1960-)のオペラ「アイナダマール」が日本初演されました。私は15日の公演を聴いてきましたが、そのレポートです。 普通なら聴いた翌日にアップするのが私の習慣ですが、翌日から月曜...

日本フィル・第665回東京定期演奏会

このコンビ、絶好調と言って良いでしょう。日本フィルの11月定期は東京、横浜とも首席客演指揮者のピエタリ・インキネンが指揮します。 東京は同コンビが取り組んでいる≪マーラー撰集≫の5回目、全集ではなく撰集と謳っているのがミソで、ここまで第1・...

サルビアホール 第38回クァルテット・シリーズ

11月は鶴見サルビアホールのクァルテット・シリーズが大盛況で、この月だけで3回も公演があります。引き続き12月3日にも予定されていて、1か月間に4つの団体を聴くという贅沢な四重奏祭がスタートしました。 で、昨日の通算38回はシーズン11の最...

日本フィル・第664回東京定期演奏会

先週横浜で「ツァラトゥストラ」を一気に聴かせてしまったラザレフ、今週は東京のファンの目と耳を釘づけにしています。曲目はロシアの魂を刻み込んだ2曲だけ。 チャイコフスキー/弦楽セレナーデ      ~休憩~ ショスタコーヴィチ/交響曲第4番 ...

日本フィル・第301回横浜定期演奏会

2週連続で台風が通過した首都圏、昨日は久し振りに穏やかな土曜日、横浜みなとみらいホールで日フィルの横浜定期を聴いてきました。 前回で記念の300回を迎えた横浜、台風の後もラザレフ台風の上陸と言った所でした。東京では「ロシアの魂」を熱演中のマ...

弦楽四重奏の旅・第1回

台風19号(ヴォンフォン Vongfong)がヒタヒタと迫りくる中、クァルテット・エクセルシオの新シリーズを聴いてきました。会場は来年3月一杯で閉鎖が決まっている信濃町の津田ホール。 現在でも室内楽を中心にファンの多いホール、私共の在所から...

サルビアホール 第37回クァルテット・シリーズ

鶴見のサルビアホールが賑っていました。第11シーズンの2回目は、ドイツの名門ヘンシェル・クァルテットのコンサートです。 私が彼等に接するのは4回目ですが、今回はサルビアホール初登場。レパートリーの中核となるモーツァルトとベートーヴェンに加え...

読売日響・第541回定期演奏会

台風の合間を縫うように、読響の10月定期がサントリーホールで行われました。去る3日に91歳を迎えたばかりの桂冠名誉指揮者で巨匠スクロヴァチェフスキ登場。 ブルックナー/交響曲第0番 ~休憩~ ベートーヴェン/交響曲第7番 指揮/スタニスラフ...

京都市響・第5回名古屋公演

10月最初の金曜日、この所恒例になっている京都市交響楽団の名古屋公演に行ってきました。前回が土曜日のマチネーだったのに対し、今回は平日の夜。最初から日帰りの計画でしたから、帰りの新幹線を何時の便にするか悩ましい所ではあります。 演奏会は夕方...

日本フィル・第300回横浜定期演奏会

2014年9月、日本フィルは目出度く横浜定期第300回を迎えました。先ずは関係者の皆様にお祝い申し上げましょう。おめでとうございます!! ここ数年ですが横浜も会員になったメリーウイロウも、漸く改装を終えた桜木町駅に降り立ちました。工事の雑多...

サルビアホール 第36回クァルテット・シリーズ

鶴見サルビアホールの弦楽四重奏例会も秋シーズン、シーズン11が始まりました。この3回はヨーロッパ、イタリアとドイツから今旬の3団体が登場することになっています。 その第一弾、昨日行われたプロメテオの初来日公演を聴いてきました。イタリアの団体...

日本フィル・第663回東京定期演奏会

日本フィルはご存知の様に9月を起点としたシーズン制を敷いているので、今月が新シーズンのスタートとなります。今期も注目のコンサートが目白押し、その一つでもある9月定期をサントリーホールで聴いてきました。 今月は正指揮者・山田和樹登場です。曲目...