カテゴリー: 音楽番組

エド・ガードナーとBBC響のロシア音楽

続いて18日のプロムス、一転してロシア音楽の夕べ、とも言えるようなコンサートでした。 8月18日 ≪Prom 43≫ ストラヴィンスキー/幻想的スケルツォ ラフマニノフ/鐘      ~休憩~ ストラヴィンスキー/ヴァイオリン協奏曲 チャイ...

第一次世界大戦に縁の作曲家たち

今年のプロムスのデーマの一つが第一次世界大戦勃発100周年ということは何度も紹介していますが、その極め付けが17日に行われたBBCスコティッシュ管の演奏会でした。 このプログラムを見て直ぐにそれがピンと来る人は、余程のクラシック音楽通でしょ...

ハイティンクの王道プログラム

先週土曜日のプロムスは、今年3月に85歳を迎えた巨匠ベルナルド・ハイティンクによる正に王道を行くプログラムが披露されました。マエストロにとって今年はデビュー60年の記念の年でもあります。 先日年下のローリン・マゼールが亡くなって世界をガッカ...

時代を超えたプログラム

プロムス後半戦最初は、バロックから現代までの幅広い時代を俯瞰するプログラムです。今年がアニヴァーサリーに当たる二人の作曲家が最初と最後に置かれるという選曲。 8月15日 ≪Prom 39≫ ラモー/組曲「華やかなインド人」 バーナード・ラン...

前半の締め括り

プロムス・ラストナイトはプロム76ですから、今回聴いた38は丁度真ん中、今年も前半の締め括りとなります。 8月14日 ≪Prom 38≫ シベリウス/フィンランディア マックスウェル=デイヴィス/交響曲第5番 ブリッジ/オレイション Ora...

ヴォーン=ウィリアムスとアルウィン

今年のプロムスの顔、オラモの指揮者としての第二弾です。この日のソリスト、ヤンセンのリサイタルでもヴァイオリニストとしてプロコフィエフを弾いたばかり。今回はイギリス作品のプログラムでした。 8月13日 ≪Prom 36≫ ヴォーン=ウィリアム...

ソンダーガード/BBCウェールズ管第二夜

月曜日に続き、火曜日のプロムスもソンダーガード率いるBBCウェールズ・ナショナル管のコンサートでした。 8月12日 ≪Prom 35≫ マックスウェル=デイヴィス/Caroline Mathilde 第2幕組曲 ウォルトン/ヴァイオリン協奏...

ソンダーガード/BBCウェルーズ第一夜

8月11日と12日、二日連続で首席指揮者ソンダーガード指揮のBBCウェールズ・ナショナル管がプロムスに登場します。今回はその一回目。 8月11日 ≪Prom 34≫ R.シュトラウス/交響詩「死と変容」 R.シュトラウス/ブルレスケ    ...

英国青年オケの近現代音楽

日曜日は引き続き7時45分からプロムス「33」が行われました。こちらはプロではなく、将来は何処かのオケで弾く卵たちのコンサート。エド・ガードナーの指導です。 8月10日 ≪Prom 33≫ ストラヴィンスキー/ペトルーシュカ(1911年版)...

90歳になったネヴィル・マリナー

8月10日のプロムスは、日曜日ということもあってプロムスは2本立てでした。もちろん1日2公演は珍しくないプロムスですが、オーケストラの公演が連続するのは数少ないことと思われます。 どちらも面白そうな作品が聴けるので、両方とも聴いちゃいましょ...

海に因んだ2曲

先週土曜日のプロムスは、マーク・エルダーとハレ管が登場。定評あるコンビの見事な演奏が楽しめました。 8月9日 ≪Prom 31≫ ベルリオーズ/序曲「海賊」 エルガー/海の絵      ~休憩~ ヘレン・グライム Helen Grime/N...

ノセダ指揮のBBCフィル

8日のプロムスは、イタリアの指揮者ノセダの指揮、かつての首席指揮者で現在は桂冠指揮者の肩書を持つBBCフィルとのラテン音楽特集です。 8月8日 ≪Prom 29≫ カセルラ/英雄的悲歌 ショパン/ピアノ協奏曲第1番      ~休憩~ フラ...