カテゴリー: 演奏会

東京フィル・第831回定期演奏会

老舗東フィルの新シーズンがスタート、私はサントリーホールの会員なので、昨日の第831回を聴いてきました。 一昨年に会員になった東フィル、当初は短期契約の予定でしたが、その後も興味あるプログラムが続き、結局今期も会員を続行することになった次第...

サルビアホール クァルテット・シリーズ第19回

月曜日、サルビアホールの例会を聴いてきました。今回は東京の春音楽祭にも出演したガラテア・クァルテットの登場です。プログラムは以下のもの。 ハイドン/弦楽四重奏曲ト長調第75番作品76-1 ブロッホ/ランドスケープ ブロッホ/山にて     ...

シベリウス生誕150年記念演奏会

昨日は寒の戻り、洗濯に出す予定だったダウンコートを引っ張り出してきて錦糸町に出掛けました。日本シベリウス協会主催の室内楽コンサートを聴くためです。 会場はすみだトリフォニーホールの小ホール。当ホールが共催し、フィンランド大使館等も後援、シベ...

日本フィル・上岡敏之プロジェクト

今日は日本フィルの番外編、ドイツはヴッパータール市の音楽監督を務めるカリスマ指揮者・上岡敏之指揮の特別演奏会を聴いてきました。今聴いてきたばかりの、もぎたての感想。 日本ではN響、読響、新日本フィル、東フィルに次々と客演し、その実力で客席を...

京都市交響楽団・第566回定期演奏会

今年もまた3月に京都を旅してきました。ここ数年、春はは毎年恒例になった京都行、今回は、いや今回も京都市響を聴くのが第一目的です。 先に書いておきますが、京都の桜はチラホラと咲き始めたばかり。観桜にはチョッと早いといのが今回の季節感でしたね。...

日本フィル・第285回横浜定期演奏会

競馬カテゴリーにも書いた通り、日曜日から京都に一泊で遠征。本来なら日曜日の朝にアップすべき演奏会レポートが2日遅れになってしまいました。悪しからず。 3月23日の土曜日に行われた日本フィルの横浜定期。首都圏の桜は早や満開で、この週末は何処も...

読売日響・第524回定期演奏会

春を通り越して早くも夏、という馬鹿陽気の中、サントリーホールで読響の3月定期を聴いてきました。ヒルズ横の桜坂の桜も早や2分から3分咲きの状態。自然界の気紛れには驚かされることばかりです。 去年の12月をスタートとした読響重厚長大交響曲路線、...

日本フィル・第648回東京定期演奏会

2月の九州公演を聴いた後、ほぼ一月振りにサントリーホールで日本フィルを聴いてきました。同団としては2012-13シーズン後半のスタートでもあります。 7月までの5回も興味深い演目が目白押し、特に3月と4月は首席客演指揮者インキネンによるシベ...

東京フィル・第828回定期演奏会

昨日はサントリーホールで東フィルの定期を堪能してきました。2012-13シーズンの最後を飾るサントリー定期。なお、同じプログラムは翌14日にも東京オペラシティホールでも繰り返されます。 ラフマニノフ/ピアノ協奏曲第2番      ~休憩~ ...

サルビアホール クァルテット・シリーズ第18回

サルビアホール@鶴見のクァルテット・シリーズも第6シーズンを迎え、昨日はその第一弾を聴いてきました。急に春が訪れた東京地区、コートなしの出撃。 第6シーズンに登場するのは3団体、今回のオライオンに続いてはガラテア、ウィハンが予定されています...

二期会公演「こうもり」

昨日はお招きを戴いてオペラを楽しんできました。 この所オペラから遠ざかっていましたが、見れば楽しいし、聴けばそれなりの感想を抱いて家路につくものです。作品のこと、演奏のことに加えて、演出のことにも思いを馳せるのがオペラの楽しみでもありましょ...

読売日響・第523回定期演奏会

昨日のサントリーホール、演奏が終了し、楽員が引き揚げた後もマエストロを呼び出す拍手喝采は鳴り止まず、下野竜也が再びステージに登場して聴衆の絶賛を一身に受け止めていました。 それもそのはず、2006年11月に読響の新ポスト「正指揮者」を務めて...