カテゴリー: 演奏会

東京フィル・第843回定期演奏会

今年最初の東フィル定期は1月も晦日、昨日サントリーホール定期を聴いてきました。月が替ってのレポートとなります。 そもそも今回は女流指揮者アロンドラ・デ・ラ・パーラという方が振る予定でしたが、出産予定とのことで早々と指揮者変更が告知されていま...

サルビアホール クァルテット・シリーズ第27回

昨日は今年の弦楽四重奏聴き染め、鶴見のサルビアホール例会を聴いてきました。期待のミロQ、プログラムは以下のもの。 ハイドン/弦楽四重奏曲第53(67)番ニ長調作品64-5「ひばり」 グラス/弦楽四重奏曲第5番      ~休憩~ ベートーヴ...

日本フィル・第657回東京定期演奏会

日本フィルは秋開始のシーズン制を採用しているので、1月の東京定期が前半の締めとなります。このあとは恒例の九州ツアーを挟み、3月からはシーズン後半へ。 前半の締めは、今年の4月から名門・大阪フィルの首席指揮者に就任する井上道義。珍しくサン=サ...

読売日響・第533回定期演奏会

酷寒の中、昨日は今年最初の読響定期を聴いてきました。私としては新年最初のサントリーホール行でもあります。 去年12月に続いて首席指揮者カンブルランの指揮、プログラムはカンブルランの拘りが張り巡らされた興味深いもの。その拘りが徹底していたか、...

日本フィル・第294回横浜定期演奏会

今年最初の演奏会カテゴリーは、去年に続いて日フィルの横浜定期です。以前は1月と言えば「新世界交響曲」が定番だった同オケですが、最近はこれに捉われず、様々なタイプのプログラムが選ばれているようです。 2014年の幕開けは、新春を意識した以下の...

日本フィル・第293回横浜定期演奏会

昨日は今年最後の日フィル横浜定期。風が強く気温以上に体感温度が寒く感じられる中、みなとみらいホールに出掛けました。桜木町界隈は、クリスマスの飾り付けで大賑わい。 12月定期は「第9」と相場が決まっている横浜、翌日行われる二日目共々完売となっ...

読売日響・第532回定期演奏会

今年最後の読響定期をサントリーホールで聴いてきました。個人的にも残すは日フィル@横浜の第9を残すのみ。何となく慌ただしさを覚える季節になってきました。 今月のプログラムは中々に渋いもの。通好みの選曲でしょう。隠れタイトルは、もちろん「ハンガ...

日本フィル・第656回東京定期演奏会

師走は第9と相場が決まっている日本の音楽界ですが、それとは別に定期演奏会を励行する団体ももちろん存在します。私が会員になっている日フィルと読響もその二つ。 昨日はサントリーホールで日フィルの12月定期を聴いてきました。ホール前のカラヤン広場...

サルビアホール クァルテット・シリーズ第26回

先週の金曜日に鶴見に降り立ったばかりなのに、昨日はまたまたサルビアホールへ。7日間で2回というハイペースなSQSです。もちろん今回だけの特例で、団体のスケジュールの都合。シマノフスキQもまだ日本の何処かを回っていると思います。 ということで...

京都市交響楽団・第574回定期演奏会

春と秋、つまり桜と紅葉の時期は京響を聴く序にプチ観光、というのが我が家の定番。今年も紅葉狩りを兼ねて京都コンサートホールに足を運びました。 演奏会の前後は東福寺、常寂光寺、それに穴場と推薦された鹿王院の3か所。どれも見事な紅葉でしたが、当ブ...

サルビアホール クァルテット・シリーズ第25回

京都に出掛けていたため更新が遅れていた先月29日の演奏会。遅れ馳せながら感想をアップしておきます。 鶴見サルビアホール恒例のクァルテット・シリーズ、今回は第8シーズンの第1回でした。ポーランドの中堅クァルテット、シマノフスキQのプログラムで...

日本フィル・第292回横浜定期演奏会

昨日もコンサート通い、横浜のみなとみらいホールで日本フィルの定期です。このホールの最寄駅を持つ東横線が運転中止中だった由で、開演ギリギリに入場される方を多く見かけました。 当方は昔からのJR京浜東北組。桜木町から延々歩くのは面倒だけれど、電...