カテゴリー: 演奏会

日本フィル・第322回横浜定期演奏会

日頃の不摂生?が祟ったのでしょうか、3日前の木曜日、古傷のギックリ腰がほぼ25年振りに再発。予定していた演奏会も一部キャンセルせざるを得ないメリーウイロウでありました。 最悪なのは寝起きで、床から抜け出して洗顔するまでの間が鬼門。ここ数日は...

秋の東工大

今年の4月に東工大のコンサートを紹介しましたが、11月14日の月曜日、今年第2回目として秋のコンサートが開催されました。記録も兼ねて、簡単に触れておきましょう。大隈良典栄誉教授のノーベル賞受賞に沸く東工大、生憎の雨でスーパームーンこそ拝めま...

柴田南雄の世界

昨日、11月7日は我が国音楽界にとっても、私個人にとっても記憶に残る1日となりました。赤坂サントリーホールで行われた柴田南雄の世界です。 コンサートは「柴田南雄生誕100年・没後20年記念演奏会」と銘打たれ、下記のプログラム、以下の方々の演...

半世紀振りに聴いた協奏曲

漸く冬の気配が感じられるようになってきた首都圏、昨日は時雨る空を気にしながら川崎に出掛けました。 神奈川フィルがコンチェルトに拘って開いた「名曲への招待」と題した特別演奏会です。以下のもの。 ヘンデル/合奏協奏曲変ロ長調作品6-7 シェーン...

弦楽四重奏の旅・第4回

クァルテット・エクセルシオ(通称エク)が一昨年からスタートしている「弦楽四重奏の旅」シリーズ、昨日はサントリーホールのブルーローズで第4回が行われました。最初の2回は今は閉鎖されてしまった津田ホールで行われましたが、去年と今年は赤坂に会場を...

日本フィル・第684回東京定期演奏会

サントリーホール3連荘、最後は日本フィルの東京定期でした。10月の指揮者は珍しく古楽畑で知られている鈴木秀美。私は古楽には余り縁が無いので、名前は良く知っていながら恥ずかしながら演奏を聴くのは初めて。 一種の古楽アレルギーもあって余り期待せ...

東京フィル・第887回サントリー定期シリーズ

東京のオーケストラ定期3連発、二日目の昨日は東フィル注目のサントリー定期を聴いてきました。四日前にオーチャードホールでも開催された同じプログラムで、歌劇「イリス」の演奏会形式上演です。 キャストは以下の面々。他にも舞台監督・照明・映像・衣裳...

読売日響・第563回定期演奏会

今週は赤坂サントリーホールで3日連続コンサート。読響、東フィル、日フィルと何れも定期演奏会に参戦することになっています。その初日が10月19日の読響でした。 読響は先月、他の演奏会と被ってしまったためパスしたので8月以来の演奏会。このコンサ...

日本フィル・第321回横浜定期演奏会

いつもなら聴いた翌日にアップする演奏会見聞録ですが、昨日は他のジャンルに忙しく、こちらまでは手が回りませんでした。一日遅れの日記。 私が聴いたのは10月8日に横浜みなとみらいホールで行われた日フィル横浜定期で、同じプログラムが杉並と相模原で...

インキネンの首席指揮者就任披露演奏会

9月27日の火曜日、赤坂のサントリーホールで日本フィル創立60周年の一環、ピエタリ・インキネンの首席指揮者就任披露演奏会が行われました。 日本の七十二候で言えば、丁度「蟄虫戸を坏す」という頃。虫が冬ごもりのために穴に入って戸を塞ぐ季節ですが...

サルビアホール 第67回クァルテット・シリーズ

サルビアホール開館5周年、名物企画となったSQS5周年記念フェストの第3弾となるシーズン20、26日はその最後となるクァルテット・モディリアーニ Quatuor Modigliani の公演を聴いてきました。 実はこの日、私が会員である読売...

サルビアホール 第66回クァルテット・シリーズ

鶴見サルビアホールのクァルテット・シリーズ、シーズン20の2回目は、現代を代表する最高峰クァルテットの一つ、タカーチ・クァルテットのオール・ベートーヴェンと言う王道プログラムが組まれています。 タカーチはサルビアホール2回目の登場。前回も名...