カテゴリー: 音楽番組

モンテヴェルディ生誕450年

7月最後のプロムスは、タイトルにもあるように、今年が生誕450年に当たるモンテヴェルディの最高傑作が取り上げられました。恐らく今年のプロムス最大のイヴェントでしょう。 7月31日 ≪Prom 22≫ モンテヴェルディ/聖母のための夕べの祈り...

ヨーロッパは死んだ?

ということで、7月最後の日曜日は意味深長なコンサートが行われました。 7月30日 ≪Prom 21≫ ジェームス・マクミラン/ヨーロッパ・レクイエム(ヨーロッパ初演)      ~休憩~ ベートーヴェン/交響曲第9番  BBCウェールズ・ナ...

ハフ、渾身のブラームス

今年のプロムスも3回目の土曜日、7月29日は二日前にメナの指揮で悲愴を演奏したばかりのBBCフィルハーモニックが、今度はウイグルスワースの指揮でチョッと変わったコンサートを披露しました。 7月29日 ≪Prom 20≫ ブラームス/ピアノ協...

オデュッセイアとアラビアン・ナイトの世界

ロシア3大名曲シリーズ、というわけではありませんが、展覧会の絵、悲愴に続いて金曜日のプロムスはシェエラザードがメインでした。 7月28日 ≪Prom 18≫ コルンゴルト/The Sea Hawk 序曲 アンデルス・ヒルボーグ Anders...

ファンホ・メナの悲愴

水曜日のメインは展覧会の絵、木曜が悲愴、金曜日にはシェヘラザードと3日連続でロシア名曲集が続くプロムスですが、中日の27日はBBCフィルハーモニックの首席指揮者メナが悲愴を振るプログラムでした。 7月27日 ≪Prom 17≫ マーク・シン...

古巣を指揮したヴォルコフ

イギリスの名曲が二晩続いたプロムス、水曜日はBBCスコティッシュ管が登場し、前任の首席指揮者ヴォルコフが絵画に因んだ作品を集めたプログラムを披露しました。 7月26日 ≪Prom 16≫ リスト/交響詩「ハムレット」 ジュリアン・アンダーソ...

ジョン・ウイルソン指揮の大曲2曲

月曜のプロムスはサージェントの500回プロムス再現、英国音楽を中心にしたプログラムでしたが、続く火曜日もイギリスのオーケストラ大曲2本立てと言うプログラムでした。 7月25日 ≪Prom 14≫ ヴォーン=ウイリアムス/交響曲第9番 ~休憩...

サージェントの500回プロムス再現コンサート

23日の日曜日のプロムスは昼・夜2回公演。名曲10選ということで「良いとこ取り」コンサートでした。去年も同じ趣向のプロムがありましたが、今年はパスして翌月曜日のプロムに行きましょう。 現地のペースからは1日遅れのレポートですが、この位のペー...

プロムスの進化形、レクチャー・コンサート

フィデリオに続いては、翌土曜の夜に行われた次のコンサートを聴きましょう。 7月22日 ≪Prom 10≫ R.シュトラウス/メタモルフォーゼン      ~休憩~ ベートーヴェン/交響曲第3番  オーロラ管弦楽団 Aurora Orches...

今年のプロムス、オペラ第一弾はフィデリオ

20日のプロムスはジョン・ウィリアムズ特集でしたから、当欄はパス。1日休んで21日のオペラ公演を聴きましょう。 今年のプロムスで上演されるオペラは4本(一つはファウストの劫罰ですから正確な意味ではオペラじゃありませんが)ですが、3本は言わば...

ワイラースタイン姉弟、デュサパンで共演

今年のプロムスも最初の一週間、19日の水曜日はホスト・オケのBBC交響楽団をアメリカの若手指揮者ジョシュア・ワイラースタインが指揮するフランス音楽プグラムでした。 1987年生まれの29歳、これがワイラースタインのプロムス・デビューです。 ...

ソンダーガードのショスタコーヴィチとシベリウス

ソンダーガードとBBCウェールズ・ナショナル管の連夜に亘るコンサート。2日目はショスタコーヴィチで始まりシベリウスで締め括られるプログラムです。 7月18日 ≪Prom 6≫ ショスタコーヴィチ/交響詩「10月革命」 ショスタコーヴィチ/ヴ...