今シーズン最初のシャンティーG戦

ロンシャン競馬場の改修は予定より時間が掛かり、今年も凱旋門賞はシャンティー競馬場で行われるようです。そのシャンティー競馬場で、4月9日の日曜日に今年最初のG戦開催が行われました。全部で4鞍。 馬場は good 、レース順に取り上げて行くと・...

格上げされたアイルランドの新たなG戦

途中でダウンしましたが、昨日に引き続いて先週末の競馬レポートを続けます。今日は4月9日の日曜日に世界各地で行われたG戦から、先ずはアイルランド編。 yielding の馬場で行われたナース競馬場のG戦は2鞍。最初のグラッドネス・ステークス ...

ケンタッキー・ダービーへの道(5)

やっと土曜日のアメリカ競馬も最後の記事に辿り着きました。カリフォルニア州サンタ・アニタ競馬場からの4鞍です。 最初は、去年は5月のレースだったロイヤル・ヒロイン・ステークス Royal Heroine S (芝GⅡ、4歳上牝、8ハロン)。f...

ケンタッキー・ダービーへの道(4)

アケダクトに続いては、ニューヨークとほぼ同時進行していたケンタッキー州のキーンランド競馬場から。こちらもG戦は5鞍でしたが、アケダクトとは対照的に大荒れの結果となりました。 最初のコモンウェルス・ステークス Commonwealth S (...

ケンタッキー・ダービーへの道(3)

ヨーロッパに続いて、4月8日のアメリカ競馬を振り返ります。恐らくダービー1か月前の土曜日はアメリカ競馬1年を通しても最も数多くのG戦、クラシック・トライアルが行われる時期で、当ブログの最大繁忙期でもあります。 今年は3つの競馬場で合計14鞍...

オブライエン父子のクラシック・トライアル

今から、出掛けていた日曜日に更新する筈だった競馬レポートに取り掛かります。この週末はヨーロッパとアメリカを含め、G戦の総数は何と24鞍。全てを繙くかと思うと気が滅入りますが、一つづつ、かつ適当に区切りながら地道に見ていきましょう。今日中に終...

オスカー・パフォーマンスの復帰戦

ダービーを1か月後に控えたアメリカ競馬、冬/春開催のG戦シリーズを先週終えたフロリダに代わって、今秋からはダービー開催の行われるケンタッキー州でキーンランド競馬場の春開催がスタートしました。 4月7日から28日までのほぼ3週間、この開催では...

今年のトーキョー・シティ・カップは

クラシック・シーズンに突入したアメリカ競馬ですが、昨日の日曜日はクラシックとは無縁のG戦2鞍が行われています。 先ず、アケダクト競馬場のトップ・フライト・インヴィテーショナル・ハンデキャップ Top Flight Invitational ...

マイル戦を克服

フランスの平場G戦、第2弾は4月2日にサン=クルー競馬場で行われたエドモン・ブラン賞 Prix Edmond Blanc (GⅢ、4歳上、1600メートル)。パリ地区はこのところ好天に恵まれているようで、馬場は good 。 当初12頭が登...

ケンタッキー・ダービーへの道(2)

続いて4月1日に行われたルイジアナ州フェア・グラウンズ競馬場の4鞍。 第8レースのニュー・オーリーンズ・ハンデキャップ New Orleans H (GⅡ、4歳上、9ハロン)は、fast の馬場に1頭が取り消して9頭立て。一昨年のスティーヴ...

ケンタッキー・ダービーへの道(1)

4月に入りました。今年のケンタッキー・ダービーは5月の第1土曜日、6日が本番ですから、残り5週間となります。4月は第1週から第3週までに各競馬場でダービーとオークスのトライアルが予定されており、4月上旬が2014年生まれのサラブレッドたちに...