ヘンリー・ウッドとロシア音楽

プロムスもそろそろ第5週目に突入しました。ということは折り返し点を過ぎたということです。 前日はヴィクトリア女王のアニヴァーサリー・コンサートでしたが、17日はヘンリー・ウッド生誕150年記念プログラム。今年のプロムス何度目の企画でしょうか...

ヴィクトリア女王生誕200年祭

今年のプロムスではヘンリー・ウッド、ベルリオーズのアニヴァーサリーを祝っていますが、英国にとって、そしてプロムスにとって最も重要な人物がアニヴァーサリーを迎えています。それがクィーン・ヴィクトリアの生誕200年。16日にはこれに因んだコンサ...

海と絵画

13日のBBCスコティッシュに続き、BBCウェールズも先週から引き続いての登場。見出しの様に海と絵画に因んだ作品を並べました。 8月15日 ≪Prom 39≫ メンデルスゾーン/序曲「フィンガルの洞窟」 エルガー/歌曲集「海の絵」     ...

没後150年のオラトリオ

今年はベルリオーズの没後150年ということで、プロムスでも通常では取り上げられない大曲が2曲取演奏されます。その一つが、14日のプロム37で紹介された「キリストの幼時」です。 8月14日 ≪Prom 37≫ ベルリオーズ/キリストの幼時  ...

還暦を迎えたマーティン・ブラビンス

先週ダウスゴーの指揮で2連続公演を行ったBBCスコティッシュ、13日には再び登場して面白いプログラムを披露してくれました。 8月13日 ≪Prom 35≫ 様々な作曲家による「描かれる範囲」 Pictured Within ~M.C.B.へ...

夢のビッグ・ネーム共演

BBCによるプロムス中継、日曜日から丁度良い具合に一日遅れとなりましたので、暫くこのペースで続けて行きましょう。 名指揮者が次々と登場している第4週、12日の月曜日はそのピークを迎えた感があります。巨匠バレンボイムと競演するのは、世紀の名ピ...

ビチュコフのドイツ・オーストリア音楽

11日の日曜日に行われたプロムス、オーケストラは昼夜2公演で、昼の部は前回レポートしました。そのあと川崎に遠征したため、夜の公演を聴いたのがさきほど。昼はパッパーノ、夜はビチュコフが聴けるという豪華な日曜日でした。 8月11日 ≪Prom ...

2019フェスタ・サマーミューザのフィナーレ

終わってみればあっという間で、旧盆入り前日の12日、無事に今年のサマー・ミューザが幕を下ろしました。 毎年オープニングとフィナーレはチケットの売り上げが良いと聞いていましたが、私は一般発売、それも発売開始から少し時間が経過してからネットでま...

パッパーノ、米ユース・オケを振る

プロムスが開幕して4回目の日曜日、この日は午前11時からと午後7時から、一日2回のオーケストラ・コンサートが行われました。どちらも記録しておきたい内容でしたのが、夫々簡単に触れておきたいと思います。先ず午前11時から始まったプロム32は、ア...

エッティンガーの悲愴交響曲

今年のサマーミューザ、残すところあと二日。11日の日曜日は最後から2番目のコンサート、東フィルが久し振りに桂冠指揮者ダン・エッティンガーを迎えたコンサートを堪能してきました。名曲を並べた演目で、誰もが聴きたくなるようなマチネー、私もそれに釣...

サロネンのドイツ・オーストリア音楽

ほぼ毎日聴いているプロムス、昨日9日は一日パスしました。ワーナー・ブラザーズ特集ということでコルンゴルト作品も演奏されましたが、ここは一日休憩です。 ということで今年のプロムスも第4週目に突入、ということは第1週目のプログラムが聴けるのも残...

帰って来た尾高忠明

BBCウェールズの二日目は、同オケと30年に及ぶ信頼関係で結ばれてきた桂冠指揮者の尾高忠明が登場しました。 尾高は闘病による活動休止から復帰したばかりで、先のN響に続いてのプロムス。帰国するやサマーミューザのフィナーレにも出演することになっ...