サルビアホール 第105回クァルテット・シリーズ

個人的な話ですが、この11月は演奏会の日程が詰まっています。数えてみると10回。月に10回なんてヘヴィー・コンサート・ゴアーから見れば可愛い数字でしょうが、70歳を超えた年金生活者にとっては結構な回数で、つまり3日に一度は何かしらの音楽をナ...

日生劇場公演「コジ・ファン・トゥッテ」

首都圏でもそろそろイチョウが色付き始めた11月11日、日生劇場のコジ・ファン・トゥッテを楽しんできました。この季節にしては暖かく、すっかり様変わりした有楽町界隈はオペラさながらのカップルで賑わっています。 私共には旬を過ぎたテーマ、「恋人た...

日本フィル・第705回東京定期演奏会

11月に入って室内楽ばかり聴いていましたが、そろそろオーケストラが聴きたくなるころ。タイミング良く巡って来たのが、日本フィルの東京定期でした。京都帰りの翌日、9日の金曜日に赤坂のサントリーホールに出掛けます。 今月の日フィルは、桂冠指揮者兼...

クァルテット・エクセルシオ第14回京都定期演奏会

引き続き室内楽通いを続けていますが、11月8日は思い切って新幹線に乗ってしまいました。京都で行われるクァルテット・エクセルシオの定期演奏会を聴くためです。 エクは年に2回の定期演奏会を東京で主催していますが、春の会は札幌で、秋は京都でも東京...

第377回・鵠沼サロンコンサート

サルヴィアでヴォーチェを堪能した翌日、私共のコンサート行は神奈川県を更に南西に進路を取り、鵠沼海岸の例会に出掛けました。11月の第377回は、初体験のホルショフスキ・トリオです。 インターネットが当たり前となった今、初めて聴く音楽家たちのプ...

サルビアホール 第104回クァルテット・シリーズ

11月は個人的にも演奏会が目白押しで、その第一弾が5日の月曜日に鶴見サルビアホールで行われたヴォーチェ弦楽四重奏団のコンサートでした。シーズン31の2回目、通算では104回となるクァルテット・シリーズです。 ヴォーチェは4年前にサルビアで聴...

日本フィル・第341回横浜定期演奏会

10月最後のコンサート行は、27日土曜日に横浜みなとみらいホールで行われた日本フィルの横浜定期でした。ハロウィン(10月31日)を控えた土日ということで混乱を警戒していましたが、横浜・桜木町界隈は静かなものでしたよ。仮装している人は桜木町の...

読売日響・第582回定期演奏会

10月26日、久し振りに読響定期を聴いてきました。サントリーホールには少なくとも月に一度は通っていますが、この日は周辺の景色が様変わり。ホール前のアーク・タワーズと言うのでしょうか、飲食施設が入っているビルか改修工事中で、コンサート前の時間...

サルビアホール 第103回クァルテット・シリーズ

9月のウィハン・クァルテットによるドヴォルザーク・シリーズで盛り上がったサルビアホールのクァルテット・シリーズ、2018年は残す所シーズン31の4回となりました。このシーズンはサルビアが2度目の登場という3団体と、今回が来日そのものも初めて...

第376回・鵠沼サロンコンサート

10月の鵠沼は「世界のアーティスト最前線」と題するシリーズで、その第30回が以下のプログラムで行われました。ベルリンを拠点に活躍中の二人、ヴィオラの赤坂智子、ピアノの高橋礼恵を迎えてのデュオ・リサイタルです。 ブラームス/ヴィオラ・ソナタ第...

日本フィル・第704回東京定期演奏会

10月12日、それは何という一日だったのでしょう。この日は東京・赤坂のサントリーホールで日本フィルの東京定期が行われたのですが、某所からアレクサンドル・ラザレフが定期に襲来、いや来場するという噂が流れてきました。 確かラザレフは11月の定期...