侍が制したラ・ホヤ

5本連続の競馬日記、漸くノルマの最後に辿り着きました。8月6日の日曜日、日本時間では先ほど終わったばかりのデル・マー競馬場は、ラ・ホヤ・ハンデキャップ La Jolla H (芝GⅢ、3歳、8.5ハロン)です。 カリフォルニアのリゾート地を...

カラヴァッジョ、2戦続けての凡走

出掛けていた間の競馬レポートも何とか追いついたようなので、直ぐに続けて昨日、8月6日にフランスのドーヴィル競馬場で行われたG戦3鞍を振り返りましょう。 この日の馬場は good 、いきなりG戦はモーリス・ド・ギースト賞 Prix Mauri...

8月5日のアメリカ競馬

前項に続き、本来なら昨日の昼頃にアップするはずだった土曜日のアメリカ競馬をレポートしていきましょう。 この日は3つの競馬場で合計6鞍のG戦が行われています。 最初はサラトガ競馬場の3鞍をレース順に。最初のウェイア・ステークス Waya S ...

2017グローリアス・グッドウッド最終日

レポートが途切れた形になりましたが、遅れ馳せながら今年のグローリアス・グッドウッド、8月5日の土曜日に行われた最終日の結果です。 最終日のグッドウッド競馬場、この日はG戦一鞍とややアンチクライマックスな印象ですが、夏開催のトリはゴードン・ス...

8月4日のアメリカ競馬

二日間ほど留守にしていた間の競馬レポート、先ず8月4日の金曜日にサラトガ競馬場で行われたナショナル・ミュージアム・オブ・レーシング・ホール・オブ・フェイム・ステークス National Museum of Racing Hall of Fa...

2017グローリアス・グッドウッド4日目

グッドウッド競馬場のグローリアス開催、4日目はG戦が4鞍。一日のG戦としては開催最多ですが、GⅡが一鞍で残りは全てGⅢ戦。前3日間と比べると目玉に乏しい印象で、今年は注目のレースは全て前半で終了したような感じがします。 4日目も馬場は so...

サロネン、アダムスを振る

バロック音楽のコンサートが二日続きましたが、その後を引き継いだのはプロムスの常連、サロネン監督率いるフィルハーモニア管。毎年斬新なプログラムを披露するコンビですが、今年も余り演奏会では取り上げられない作品を並べました。 8月2日 ≪Prom...

2017グローリアス・グッドウッド3日目

前日雨が降り続いたグッドウッド競馬場、グローリアス・グッドウッド開催の3日目の馬場は更に悪化して soft 、所により heavy 。夏競馬というよりは冬の障害レースによくあるようなボコボコに掘れる極端な重馬場になったようです。 レディース...

二日連続でバロックの大作を聴く

前日のモンテヴェルディに続き、8月最初のプロムスはヘンデル、オラトリオの大作が演奏されました。 8月1日 ≪Prom 23≫ ヘンデル/オラトリオ「エジプトのイスラエル人」  オーケストラ・オブ・ジ・エイジ・オブ・エンライトメント Orch...

2017グローリアス・グッドウッド2日目

火曜日に始まったグッドウッド競馬場のグローリアス・グッドウッド開催、8月2日の2日目のG戦は2鞍でしたが、降り続く雨のため馬場は軟化、有力馬の何頭かが取り消す事態となり、興味が半減してしまった感は否めません。 第1レースこそ good to...

モンテヴェルディ生誕450年

7月最後のプロムスは、タイトルにもあるように、今年が生誕450年に当たるモンテヴェルディの最高傑作が取り上げられました。恐らく今年のプロムス最大のイヴェントでしょう。 7月31日 ≪Prom 22≫ モンテヴェルディ/聖母のための夕べの祈り...

2017グローリアス・グッドウッド初日

英国の夏と言えばパナマ帽、パナマ帽と言えばグッドウッドというワケで、今年も夏のグッドウッド開催、世に言う「グローリアス・グッドウッド」がスタートしました。 例年通り火曜日から土曜日までの5日間、施行されるG戦は13鞍で、今年は一部変更もあり...