2017ヨーク・イボア開催3日目

8月25日、ヨーク競馬場のイボア開催3日目はG戦3鞍。馬場は good 、所により good to soft と徐々に回復しています。この日はゴール前のカメラ・アングルが微妙で、結果に泣き笑いもありました。 先ず、2マイルの長距離戦ロンスデ...

エルガー交響曲全集、最終回

プロムスのホスト・オケ、8月第4週はオラモ指揮、極めてオーソドックスなオーケストラ作品プログラムでした。 8月22日 ≪Prom 51≫ シベリウス/歴史的情景第1組曲 サン=サーンス/ピアノ協奏曲第2番      ~休憩~ エルガー=ペイ...

2017ヨーク・イボア開催2日目

水曜日に開幕した今年のヨーク・イボア開催、二日目の昨日はG戦2鞍、何と言っても注目はヨークシャー・オークスのイネイブルですが、その前に。 ヨーク競馬場、8月24日の馬場は good to soft 、所により good 。初日よりは若干回復...

2年連続、グラジニテ=ティラとバーミンガム市響

声楽付きの大曲が続いたあとは、スリムなことこの上ないグラジニテ=ティラとバーミンガム市響がベートーヴェンを中心にしたプログラムでの登場。同コンビは2年連続のプロムスです。 去年は首席指揮者と言う肩書だったグラジニテ=ティラ、今年は更に格が上...

2017ヨーク・イボア開催初日

例年に比べて1週間ほど遅くなりましたが、ヨーク競馬場で毎年恒例のイボア・ミーティングが始まりました。8月23日から26日までの4日間、G戦は全部で10鞍、内GⅠ戦は3鞍です。 初日の昨日はG戦3鞍、朝方の雨で馬場は good to soft...

宗教改革記念日のヨハネ受難曲

8月20日はマルティン・ルターの宗教改革記念日と言うことで、プロムスでも1日中記念の演奏会が続きました。 オルガンの演奏会、BBCシンガーズが歌う受難物語等々、私はそのメインでもあるヨハネ受難曲のコンサートを聴いたのですが・・・。 私はキリ...

ラトル、渾身の「グレの歌」

3日連続の声楽付き大作、第2夜はシェーンベルクの「グレの歌」。サー・サイモン・ラトルが、今年はベルリン・フィルではなくロンドン交響楽団を指揮してプロムスに登場しました。 8月19日 ≪Prom 46≫ シェーンベルク/グレの歌  ロンドン交...

真夏のレクイエム

20日の日曜日、久し振りにコンサートに出掛けました。会場は江東区、半蔵門線の住吉駅から近いティアラこうとう大ホールで、「真夏のレクイエム」と銘打たれた次のプログラム。 モーツァルト/交響曲第38番「プラハ」      ~休憩~ モーツァルト...

ビエロフラーヴェクに捧ぐ

昨日は他事忙しく、プロムスを聴いている時間がありませんでした。一日休んで再開したのは、8月18日のBBC響。この日から3日間は声楽付きの大曲ばかりが続きます。 その第一弾がマーラーの「復活」。 8月18日 ≪Prom 45≫ マーラー/交響...

デル・マー・マイル、連覇成らず

昨日は出掛けたこともあってバタバタとした報告になったアメリカ競馬、8月20日の日曜日もデル・マー競馬場でG戦一鞍、デル・マー・マイル Del Mar Mile (芝GⅡ、3歳上、8ハロン)が行われました。 firm の馬場に6頭が出走し、去...

人気馬総崩れのドーヴィルG戦

日曜日はドーヴィル競馬場でも3鞍のG戦が行われました。その内2鞍はGⅠ戦で、夏のドーヴィルもそろそろ終盤戦です。この日は馬場が乾いて good 、どうやらこれがサプライズの要因になったようでした。 最初は、いきなりGⅠ戦のジャン・ロマネ賞 ...

オブライエン対決の意外な結末

8月20日の日曜日、アイルランドのカラー競馬場ではG戦が4鞍も組まれていました。その内3鞍は2歳戦で、そろそろ来年のクラシックに向けて有力候補たちが出揃ってきた印象です。 この日の馬場は yielding to soft と重く、スピード馬...