ゲルギエフもロシア・プログラム

コンセルトヘボウに続いて登場したのは、お馴染みゲルギーとマリインスキーの仲間たち。こうなれば10月革命100年記念の年にロシア・プロをぶつけるしかないでしょ。今年のプロムス・ロシア・シリーズの真打。 9月3日 ≪Prom 68≫ プロコフィ...

サラトガとデル・マーが同時フィナーレ

土曜日からの3連休、9月4日の月曜日はレーバー・デイで、この日サラトガとデル・マーの夏開催が同時にフィナーレを迎えました。 サラトガ競馬場は天候も回復し、フィナーレのG戦は2鞍。先ずバーナード・バルーク・ハンデキャップ Bernard Ba...

2017プロムスのコンセルトヘボウ(2)

前日に続いて9月2日もコンセルトヘボウのプロムス、ハイドンとマーラーの交響曲2本立て。いつか来た道という懐かしいプログラミングでした。 9月2日 ≪Prom 66≫ ハイドン/交響曲第82番      ~休憩~ マーラー/交響曲第4番  ロ...

ハリケーン・ハービーの中で

9月3日の日曜日は3連休の中日、フィナーレが迫ったサラトガとデル・マーで夫々一鞍づつのG戦が行われました。 ところで先週末のアメリカは大型ハリケーンのハービーが本土に上陸して大きな被害を齎しましたが、ニューヨークも漸くその余波を受け、サラト...

シャンティー・トライアル・シリーズ1

フランスの秋競馬と言えば、10月第1週の凱旋門賞。その土日は日本馬も参戦する凱旋門賞だけではなく、多くのGⅠ戦とGⅡ戦が並ぶ一種のお祭りで、競走馬各部門の頂点レースが目白押しです。 その祭典を丁度1か月後に控えた9月の第1週と第2週は夫々の...

2017プロムスのコンセルトヘボウ(1)

今年のプロムスも遂に最終週に突入しました。正確に言えば1週間と2日、9日間を残すのみです。 ということは、最終日のラスト・ナイトを除けば後8日で、内6日間は海外オケの客演、あとはBBC響とロンドン・フィルと言うことで、演奏される作品も殆どが...

サラトガ、デル・マー共に3日連続の最終週

早いもので、サラトガとデル・マーの夏競馬も今週が最終週となります。月曜日がレーバー・デイの祭日のため、3日間連続開催。その初日、9月2日はサラトガとデル・マー、仲良く2歳牝馬のGⅠ戦が行われました。 先にサラトガ競馬場からのレポート。この日...

9月最初のG戦

夏競馬も終わり、カレンダーは愈々9月。イギリスの競馬シーンも残す所2か月、全体の7割を消化しましたが、秋はシーズン総決算と、来年のクラシック候補を準備する季節でもあります。 9月2日に good 、所により good to soft のサン...

ビチュコフもロシア・プログラム

8月最後のプロムスは、BBC響をビチュコフが指揮したロシア・プログラムでした。 今年はロシアの10月革命から数えて100年目に当たります。それ故でしょう、2017プロムスはロシア音楽が取り上げられることが多いようですね。 8月31日 ≪Pr...

ノルウェーの次はスウェーデン

オスロ・フィルに続いて登場するのは、スウェーデンのロイヤル・ストックホルム・フィル。指揮は首席指揮者のオラモ。 オラモはプロムスのオケであるBBC響の音楽監督も兼務していて、プロムスでは大活躍。当然ながら客席の人気も絶大です。 8月30日 ...

窪田オーナーのレアルトラ、今期G戦2勝目

8月の最終日、アイルランドのティッペラリー競馬場で地味なG戦が一鞍行われました。フェアリー・ブリッジ・ステークス Fairy Bridge S (GⅢ、3歳上牝、7ハロン100ヤード)。 馬場は soft 、12頭が出走し、前走デスモンド・...