日本フィル・第317回名曲コンサート

いやー、今日はサプライズがありましたね。アレクサンドル・ラザレフ登場、首席指揮者就任は来年9月からですが、一足早くお披露目になるでしょう。曲目は以下のもの。 日本フィル・第317回名曲コンサート サントリーホール チャイコフスキー/バレエ組...

やはり荒れた? 凱旋門賞

今年も荒れた、と言うべきなのでしょうか、凱旋門賞。勝ち馬は主力5頭の1頭、ディラン・トーマスでしたが、圧倒的な1番人気に支持されたオーソライズドが12頭立ての10着惨敗。逃げてバテたドラゴン・ダンサーも交わせなかったのですから・・・。 今や...

10月の京都

10月7日の京都行は日帰りでした。3連休ですから泊まることも考えたのですが、日帰りパック旅行に滅茶苦茶廉い出物があったのでこれ。家内はこういうのを見つけるのが上手い。 出発時間に品川に行くと、便名がない。新幹線は普通、ひかり○号とか、のぞみ...

京都のヴェルディ・レクイエム

う~ん、何のネタにしょうか迷ったんだけど、演奏会ネタということにしておきましょう。京都行状記と一緒にしようかとも思いましたが、まぁ、分けておくことに。 今回の京都、目的であったヴェルディを聴いてきました。内容はこんな具合。 同志社学生混声合...

京都ぶらり旅

今日は天気も良いので、ぶらっ、と京都に行ってきます。日帰り。荷物なし。 なに、「同志社学生混声合唱団CCD」という団体の創立60周年記念コンサートを聴きに行くのです。私は同志社とは縁もゆかりもないけれど、広上淳一氏が指揮してヴェルディのレク...

マンデュロの呪い

大一番、いよいよ明日に迫りましたが、前日の土曜日にもパターン・レースがズラッと並んでいます。順番に挙げると、 GⅡ ショドネー賞 3歳 3000メートル GⅠ ラ・フォレ賞 3歳上 1400メートル GⅡ ロワイアリュー賞 3歳上牝 250...

凱旋門賞・枠順発表!

明日の凱旋門賞、いよいよ枠順が発表されましたね。でもその前に、ニューマーケットからのニュースです。 金曜日、ニューマーケットでは2歳馬の大レースが二つ行われました。どちらも6ハロンのGⅠ戦です。来年のクラシックを占う大切なレース。 まず牝馬...

古典四重奏団・ショスタコーヴィチ・ツィクルスⅠ

昨日は晴海の例会、第59回SQWを聴いてきました。古典四重奏団のショスタコーヴィチ・ツィクルスの1回目、番号順に取り上げるコンサートです。 ショスタコーヴィチ/弦楽四重奏曲第1番 ハ長調 作品49 ショスタコーヴィチ/弦楽四重奏曲第2番 イ...

凱旋門賞まであと1週

になりましたねぇ。いよいよ秒読み。その話題に入る前に、今朝の電子競馬壁新聞の記事から。 往年の名騎手パット・エデリーが調教師に転じ、昨日(10月1日)初めて1日2勝、つまりダブルを達成したそうです。彼にとって幸運をもたらし続けてきた“ラッキ...

QEⅡ

今から11年前、アスコット競馬場で偉業が達成されました。正確に言えば、1996年9月28日。この日の7レース全て、デットーリ騎手が制覇したんですねぇ。 イギリスで1日のレース全部勝った、という記録はこれが3度目だったんだそうです。他の2例は...

読売日響・第92回芸劇マチネー

9月の読売日響はスクロヴァチェフスキ登場、3種類のコンサートが用意されていました。定期と名曲は会員でもあり既に聴きましたが、残る一つ、芸劇マチネーも聴いてきました。 1回も聴き逃せない指揮者ですからね。 東京芸術劇場マチネーシリーズ バッハ...

読売日響・第494回名曲シリーズ

昨日のコンサートは読売日響の名曲シリーズ、本来のサントリーホールに帰っての開催です。 今期からこのシリーズも会員登録したのですがサントリーは初めて、芸劇と同じ辺りの席かと思ったら、随分前の方。前から6列目の中央やや右、チョッと戸惑いました。...