2017ロイヤル・アスコット5日目(千穐楽)

6月20日に開幕した2017年ロイヤル・アスコット開催、昨日6月24日に無事に5日間の日程を終えました。最終日も馬場は good to firm 、所により firm という高速馬場が続きます。 フィナーレも6鞍が組まれていましたが、G戦は...

2017ロイヤル・アスコット4日目

引き続き好天に恵まれているロイヤル・アスコット、相変わらず good to firm で行われた4日目の6月23日は、これまでリステッド戦だったクイーンズ・ヴァースが新たにGⅡに格上げとなり、第1レースから第5レースまでが全てG戦。残り1レ...

2017ロイヤル・アスコット3日目

6月22日、アスコット競馬場の王室開催3日目はレディース・デイ。ロイヤル・アスコットを観戦するためには正装が条件なので私は遠慮しますが、3日目のファッションだけはナマで見たいと思いますね。ハイライト映像もユーチューブに出ていますから、興味あ...

2017ロイヤル・アスコット2日目

ロイヤル・アスコットの2日目、6月21日も気温が30度越えの熱さで、コースは散水を施しても good to firm と高速馬場が続いていました。 2日目も初日と同じパターン、第1レースから第4レースまでがG戦で、残りはハンデ戦とリステッド...

2017ロイヤル・アスコット初日

毎年同じような書き出しになりますが、今年もロイヤル・アスコットの季節がやってきました。英国人、特に上流階級はこの時期、ロイヤル・アスコットに行くかウインブルドンに出掛けるか迷うのだとか。 ウインブルドンは他のブロガーに任せておいて、こちらは...

2017クラシック馬のプロフィール(7)

今回は先週の日曜日、フランス・オークスであるディアーヌ賞を制したセンガ Senga のプロフィールを紹介します。 センガは父ブレイム Blame 、母ベータ・レオ Beta Leo 、母の父エー・ビー・インディー A.P.Indy という血...

将来の大物?2頭

6月18日のアメリカ競馬は、3つの競馬場で夫々G戦が一鞍づつ、合計3鞍のG戦が行われました。例によって東から西へ。 ベルモント・パーク競馬場で行われたポーカー・ハンデキャップ Poker H (芝GⅢ、4歳上、8ハロン)は、yielding...

こちらも波乱のミュンスター・オークス

フランスが先になりましたが、6月18日にアイルランドのコーク競馬場で行われたミュンスター・オークス Munster Oaks (GⅢ、3歳上牝、1マイル4ハロン)を紹介しましょう。オークスと言っても古馬も出走できる混合戦です。 馬場は go...

競走中止と落馬、波乱の仏オークス

昨日の日曜日、ヨーロッパは英国を除くアイルランド、フランス、イタリア、ドイツでG戦が行われましたが、当欄はアイルランドとフランスを紹介します。 先ずはクラシック・レースのフランス、シャンティー競馬場から始めます。馬場は good 、気温が高...

第一生命ホールのクァルテット・ウイークエンド

6月17日、久し振りに晴海のトリトンで弦楽四重奏曲を聴いてきました。 第一生命ホールで所謂SQW(最初はクァルテット・ウェンズディ、後にクァルテット・ウイークエンド)が始まった当初は、私も毎回のように通って弦楽四重奏の世界を勉強させてもらい...

チャーチル・ダウンズのイヴニング開催

三冠レースを終えたアメリカ競馬ですが、これからは秋のブリーダーズ・カップに向けて長い優先出走権争いが続いて行きます。 6月第3週はケンタッキー州のチャーチル・ダウンズでG戦が5鞍並びましたが、これは夕方からの開催のため今現在未だ結果が入って...

人気に応えた無敗馬とGⅠ馬

仏オークスを翌日に控えたシャンティー競馬場、6月17日は2鞍のG戦が行われました。馬場は good 。 ポール・ド・ムーサック賞 Prix Paul de Moussac (GⅢ、3歳、1600メートル)はギニーと同じ距離ですが、仏2000...