2017ニューマーケット・ジュライ開催初日

7月13日の木曜日から3日間、ニューマーケット競馬場のジュライ・コースを使って伝統のジュライ・ミーティングが行われます。3日間でG戦は7鞍と少なめですが、最終日に行われる短距離の頂上決戦ジュライ・カップが開催のハイライトとなります。 初日の...

読売日響・第570回定期演奏会

未だ梅雨も明けていないのに猛暑続きの首都圏、連日の睡眠不足で朦朧たる中、池袋の東京芸術劇場で読響定期を聴いてきました。 7月の指揮者は古楽の雄、鈴木秀美。今回は珍しく読響を振ってくれました。如何にも鈴木らしいハイドンとベートーヴェンのプログ...

春・夏のベルモント、最後のG戦

ベルモント・ステークスに沸き、前日もベルモント・ダービーで賑わったニューヨーク州クラシック・シーズンのベルモント・パーク競馬場。その春夏開催は7月16日で閉幕し、7月21日からはサラトガの夏開催が始まります。 開催そのものは未だ数日を残して...

奇遇、ジャン・プラ賞デイ

昨日の日曜日、7月9日にはフランスのシャンティー競馬場でG戦が2鞍行われています。一つはGⅠのジャン・プラ賞、もう一つがGⅢのクロエ賞ですが、何とも不思議な縁で繋がりが出来た2レースでした。 この日の馬場はズバリ、 good 。先に行われた...

7月8日のアメリカ競馬(3)その他編

昨日のアメリカ競馬、未だ終わりません。残るは4つの競馬場のG戦5鞍ですが、どれもそれほど重要なレースではありません。些か疲れましたので、後は簡単な結果だけで勘弁してください。 先ずデラウエア・パーク競馬場では2鞍のG戦が行われ、ロバート・G...

7月8日のアメリカ競馬(2)アーリントン編

アメリカ競馬レポートを急ぎます。第2弾はシカゴ、アーリントン・パーク競馬場で行われたG戦4鞍で、全て芝コースのG戦。この競馬場の本当の祭典は来月で、昨日7月8日に行われたのはそのトライアルであるGⅢ戦ばかりです。 先ずアメリカン・ダービー ...

7月8日のアメリカ競馬(1)ベルモント編

昨日の土曜日、アメリカ競馬は全土で14鞍ものG戦が行われる大賑わいで、とても全てを一つの記事に纏めていては気力も続きません。区切りが良い毎に分けながら記事をアップしていきますので、気長にお付き合いくださいな。 ということで、最初はニューヨー...

日本フィル・第692回東京定期演奏会

2017年も気が付けば早や後半。嵐のように忙しかった6月も終わり、気象情報が真夏よりも暑いと警告する中、池袋の東京芸術劇場大ホールに出掛けました。日本フィルの7月東京定期です。 実はこの日、応援しているクァルテット・エクセルシオの東京定期と...

良血開花のエクリプス

今週のヨーロッパ競馬は、土曜日に英国でエクリプス・ステークス、日曜日にはフランスでジャン・プラ賞とGⅠ戦が続きます。昨日、7月8日はイギリスで合計3鞍のG戦が行われましたので、レース順にレポートしていきましょう。 先にサンダウン競馬場の2鞍...

真夜中のダービー

前日のアイオワ・オークス・レポートでも触れましたが、7月7日の夜10時前に行われたプレーリー・メドウズ競馬場のアイオワ・ダービー Iowa Derby (GⅢ、3歳、8.5ハロン)。アイオワで天の川が見えるのかどうかは知りませんが、外出先か...

真夜中のオークス

アメリカ時間の7月6日、アイオワ州プレーリー・メドウズ競馬場でアイオワ・オークス Iowa Oaks (GⅢ、3歳牝、8.5ハロン)が行われましたが、結果が入ってきたのは日本時間で翌日の昼過ぎ、当ブログのレポートは更に遅れています。 そもそ...

日本人オーナーが勝ったアイルランドのGⅢ戦

昨日、7月5日にアイルランドのフェアリーハウス競馬場で余り目立たないGⅢ戦が行われました。日本の競馬ファン、海外競馬通と呼ばれる人達でも見落としてしまいそうなG戦ですが、どうして日本的視点で見ると中々面白い結果だったので紹介しておきましょう...