2017愛ダービーの枠順

今週の土曜日、7月1日にアイルランドのカラー競馬場で行われる愛ダービーの枠順が発表されています。 当初は12頭が登録していましたが、3頭が回避して一桁の9頭立てとなりました。 1 カプリ Capri 2 ジ・アンヴィル The Anvil ...

サルビアホール 第81回クァルテット・シリーズ

6月26日、鶴見サルビアホールでクァルテット・シリーズを聴いてきましたが、翌朝8時の便で札幌行。ノートパソコンを持ち歩いて出先でブログ更新、というようなハイテク技は持ち合わせない隠居の身ですから、帰宅してから漸くの感想アップとなりました。悪...

6月28日のフランス競馬

3日間ほど留守にしていたため、1日遅れのヨーロッパ競馬リポートとなります。6月28日にメゾン=ラフィット競馬場で行われたGⅢ戦2鞍。 先ずリゾランジス賞 Prix de Ris-Orangis (GⅢ、3歳上、1200メートル)は good...

読売日響・第569回定期演奏会

6月はアレコレ忙しく、24日の土曜日に池袋の東京芸術劇場大ホールで聴いた読響定期の感想を1日遅れでアップします。以下のプログラム。 プロコフィエフ/ピアノ協奏曲第3番      ~休憩~ R.シュトラウス/アルプス交響曲  指揮/シモーネ・...

ダービー参戦馬の活躍続く

6月第4週のアメリカ競馬は、6月24日の土曜日に行われたG戦4鞍のみ。比較的静かな週末となっています。 最初はチャーチル・ダウンズ競馬場で行われたシカゴ・ハンデキャップ Chicago H (GⅢ、3歳上牝、7ハロン)。ケンタッキー州でシカ...

2017ロイヤル・アスコット5日目(千穐楽)

6月20日に開幕した2017年ロイヤル・アスコット開催、昨日6月24日に無事に5日間の日程を終えました。最終日も馬場は good to firm 、所により firm という高速馬場が続きます。 フィナーレも6鞍が組まれていましたが、G戦は...

2017ロイヤル・アスコット4日目

引き続き好天に恵まれているロイヤル・アスコット、相変わらず good to firm で行われた4日目の6月23日は、これまでリステッド戦だったクイーンズ・ヴァースが新たにGⅡに格上げとなり、第1レースから第5レースまでが全てG戦。残り1レ...

2017ロイヤル・アスコット3日目

6月22日、アスコット競馬場の王室開催3日目はレディース・デイ。ロイヤル・アスコットを観戦するためには正装が条件なので私は遠慮しますが、3日目のファッションだけはナマで見たいと思いますね。ハイライト映像もユーチューブに出ていますから、興味あ...

2017ロイヤル・アスコット2日目

ロイヤル・アスコットの2日目、6月21日も気温が30度越えの熱さで、コースは散水を施しても good to firm と高速馬場が続いていました。 2日目も初日と同じパターン、第1レースから第4レースまでがG戦で、残りはハンデ戦とリステッド...

2017ロイヤル・アスコット初日

毎年同じような書き出しになりますが、今年もロイヤル・アスコットの季節がやってきました。英国人、特に上流階級はこの時期、ロイヤル・アスコットに行くかウインブルドンに出掛けるか迷うのだとか。 ウインブルドンは他のブロガーに任せておいて、こちらは...

2017クラシック馬のプロフィール(7)

今回は先週の日曜日、フランス・オークスであるディアーヌ賞を制したセンガ Senga のプロフィールを紹介します。 センガは父ブレイム Blame 、母ベータ・レオ Beta Leo 、母の父エー・ビー・インディー A.P.Indy という血...

将来の大物?2頭

6月18日のアメリカ競馬は、3つの競馬場で夫々G戦が一鞍づつ、合計3鞍のG戦が行われました。例によって東から西へ。 ベルモント・パーク競馬場で行われたポーカー・ハンデキャップ Poker H (芝GⅢ、4歳上、8ハロン)は、yielding...