7月8日のアメリカ競馬(2)アーリントン編

アメリカ競馬レポートを急ぎます。第2弾はシカゴ、アーリントン・パーク競馬場で行われたG戦4鞍で、全て芝コースのG戦。この競馬場の本当の祭典は来月で、昨日7月8日に行われたのはそのトライアルであるGⅢ戦ばかりです。 先ずアメリカン・ダービー ...

7月8日のアメリカ競馬(1)ベルモント編

昨日の土曜日、アメリカ競馬は全土で14鞍ものG戦が行われる大賑わいで、とても全てを一つの記事に纏めていては気力も続きません。区切りが良い毎に分けながら記事をアップしていきますので、気長にお付き合いくださいな。 ということで、最初はニューヨー...

日本フィル・第692回東京定期演奏会

2017年も気が付けば早や後半。嵐のように忙しかった6月も終わり、気象情報が真夏よりも暑いと警告する中、池袋の東京芸術劇場大ホールに出掛けました。日本フィルの7月東京定期です。 実はこの日、応援しているクァルテット・エクセルシオの東京定期と...

良血開花のエクリプス

今週のヨーロッパ競馬は、土曜日に英国でエクリプス・ステークス、日曜日にはフランスでジャン・プラ賞とGⅠ戦が続きます。昨日、7月8日はイギリスで合計3鞍のG戦が行われましたので、レース順にレポートしていきましょう。 先にサンダウン競馬場の2鞍...

真夜中のダービー

前日のアイオワ・オークス・レポートでも触れましたが、7月7日の夜10時前に行われたプレーリー・メドウズ競馬場のアイオワ・ダービー Iowa Derby (GⅢ、3歳、8.5ハロン)。アイオワで天の川が見えるのかどうかは知りませんが、外出先か...

真夜中のオークス

アメリカ時間の7月6日、アイオワ州プレーリー・メドウズ競馬場でアイオワ・オークス Iowa Oaks (GⅢ、3歳牝、8.5ハロン)が行われましたが、結果が入ってきたのは日本時間で翌日の昼過ぎ、当ブログのレポートは更に遅れています。 そもそ...

日本人オーナーが勝ったアイルランドのGⅢ戦

昨日、7月5日にアイルランドのフェアリーハウス競馬場で余り目立たないGⅢ戦が行われました。日本の競馬ファン、海外競馬通と呼ばれる人達でも見落としてしまいそうなG戦ですが、どうして日本的視点で見ると中々面白い結果だったので紹介しておきましょう...

独立記念日のG戦2鞍

今週のアメリカ競馬は、独立記念日の7月4日から土日にかけてほぼ毎日のようにG戦が組まれ、特に土曜日はニューヨークとシカゴでは祭典状態。どこまで忠実に追えるかは分かりませんが、何とかレポートして行く積りです。 その第1回は、独立記念日に組まれ...

2017クラシック馬のプロフィール(8)

このコーナー、今年も残り少なくなってきましたが、今回は愛ダービーを制したカプリ Capri の血統です。後で判明したことですが、英ダービー馬ウイングズ・オブ・イーグルス Wings of Eagles が競走生命を絶たれるほどの骨折をしても...

名牝ザルカヴァ、母としてもGⅠ馬に

さて昨日の日曜日、フランスのサン=クルー競馬場でもG戦が2鞍組まれていました。馬場は good to soft 、先に行われたのはGⅠ戦でした。 そのGⅠ戦、サン=クルー大賞典 Grand Prix de Saint-Cloud (GⅠ、4...

アイルランドから、残念なニュース

7月2日、愛ダービーの翌日もアイルランド、カラー競馬場でG戦が4鞍行われました。メインはGⅠ戦のプリティー・ポリー・ステークスですが、今日はレース順に紹介していきましょう。 この日の馬場はやや乾いて、 good 、直線コースは所により go...

7月最初のアメリカ競馬

昨日の土曜日、アメリカの7月競馬が始まりました。4つの競馬場で合計7鞍のG戦、いつものように東から西に見て行きます。 最初はベルモント競馬場のマザー・グース・ステークス Mother Goose S (GⅡ、3歳牝、8.5ハロン)。かつては...