2017クラシック馬のプロフィール(5)

アイルランドのギニーが共に英ギニー馬の手に落ちたので、今回のプロフィールは今年5頭目。先日オークスを制してオブライエンの、ガリレオ Galileo の独占を阻止したイネイブル Enable です。 イネイブルは父ナサニエル Nathanie...

サルビアホール 第75回クァルテット・シリーズ

ここ数年、6月は嵐の様な室内楽月間で、今年も例外じゃありません。ことに2017年はサントリーホールが改修中とあって、最早「世界のクァルテットの殿堂」とさえ称賛される鶴見のサルビアホールはフル稼働。 その中心は今週の木曜日からスタートするベー...

ブラムトー、後方一気で仏二冠!

6月の第1日曜日、当欄の話題は全仏オープンじゃなくて仏ダービーです。6月4日の日曜日、シャンティー競馬場は仏ダービーを挟んで5鞍のG戦が行われる競馬の祭典。凱旋門賞の週末に次ぐG戦オンパレードですが、やはりダービーから取り上げていきましょう...

3頭立てのGⅠ戦

6月3日、ベルモント・ステークスを翌週に控えたアメリカ競馬。今週のG戦は5つの競馬場で6鞍ですが、GⅠ戦も二鞍行われました。と言ってもその一つは僅か3頭立て。余り盛り上がらないGⅠではありましたが・・・。 例によってニューヨークから行きまし...

短距離は3歳馬上位?

昨日はフランスでもG戦が一鞍行われています。翌日に仏ダービーを控えて殆ど話題にはなっていませんが、当ブログはヨーロッパ3か国のG戦は全て取り上げる方針。もちろん簡単ですが紹介しておきます。 メゾン=ラフィット競馬場で行われたパレ=ロワイヤル...

驚愕のダービー

先ほどエプサム競馬場からダービーの結果が飛び込んできましたが、何と表現したら良いのでしょうか。勝ったのは人気が後から3番目の大穴、いや大穴というより「驚穴」とでもいうべきか。 6月3日のエプサム競馬場は二日目、競馬の頂点ダービーの前にG戦2...

デットーリ、4度目のオークス

6月の第1金曜日はオークス。昨日はエプサム競馬場でGⅠ戦が2鞍行われましたが、先に第5レースのオークス Oaks (GⅠ、3歳牝、1マイル4ハロン6ヤード)をレポートしましょう。 馬場は good ですが、スタート前にエプサム・ダウンズは雷...

追悼、イルジー・ビエロフラーヴェク

昨日、6月1日の夜、ビエロフラーヴェクの訃報が飛び込んできました。悲しみより先に立ったのが驚き。“エッ、未だ若いのに” 咄嗟にそう感じたのは、ビエロフラーヴェク氏は私と同い年。氏は日本で言う早生まれなので学年は一つ上でしたが、私が定期会員で...

2017仏ダービーの枠順

今週はイギリスだけではなく、日曜日にはフランスでもダービーが行われます。クラシック3連荘のヨーロッパ競馬。 以下の12頭の枠順が決まりました。 01 ブラムトー Bramtot 02 タージ・マハール Taj Mahal 03 ベイ・オブ・...

2017ダービーの枠順

オークスに続いて土曜日に行われるダービーの枠順が発表されましたが、流石にダービー、オークスの2倍近い19頭が最終登録に残りました。 01 デュバイ・サンダー Dubai Thunder 02 ジ・アンヴィル The Anvil 03 パーミ...

2017オークスの枠順

今年の競馬、愈々今週はエプサム競馬場でオークスとダービーが行われます。金曜日のオークの枠順が発表されました。 01 ポケットフルオブドリームズ Pocketfullofdreams 02 ナタヴィア Natavia 03 ホースプレイ Ho...