こちらも波乱のミュンスター・オークス

フランスが先になりましたが、6月18日にアイルランドのコーク競馬場で行われたミュンスター・オークス Munster Oaks (GⅢ、3歳上牝、1マイル4ハロン)を紹介しましょう。オークスと言っても古馬も出走できる混合戦です。 馬場は go...

競走中止と落馬、波乱の仏オークス

昨日の日曜日、ヨーロッパは英国を除くアイルランド、フランス、イタリア、ドイツでG戦が行われましたが、当欄はアイルランドとフランスを紹介します。 先ずはクラシック・レースのフランス、シャンティー競馬場から始めます。馬場は good 、気温が高...

第一生命ホールのクァルテット・ウイークエンド

6月17日、久し振りに晴海のトリトンで弦楽四重奏曲を聴いてきました。 第一生命ホールで所謂SQW(最初はクァルテット・ウェンズディ、後にクァルテット・ウイークエンド)が始まった当初は、私も毎回のように通って弦楽四重奏の世界を勉強させてもらい...

チャーチル・ダウンズのイヴニング開催

三冠レースを終えたアメリカ競馬ですが、これからは秋のブリーダーズ・カップに向けて長い優先出走権争いが続いて行きます。 6月第3週はケンタッキー州のチャーチル・ダウンズでG戦が5鞍並びましたが、これは夕方からの開催のため今現在未だ結果が入って...

人気に応えた無敗馬とGⅠ馬

仏オークスを翌日に控えたシャンティー競馬場、6月17日は2鞍のG戦が行われました。馬場は good 。 ポール・ド・ムーサック賞 Prix Paul de Moussac (GⅢ、3歳、1600メートル)はギニーと同じ距離ですが、仏2000...

日本フィル・第691回東京定期

6月の日本フィル、横浜に続いて猛将ラザレフが登場し、首席指揮者時代から続いている「ロシアの魂」シリーズをぶっ飛ばします。いゃ~凄かった!!! 今回は久し振りにプロコフィエフ。後で触れますが、1年でプロコフィエフを聴くのは6月が一番シックリき...

2017仏オークスの枠順

今週末はシャンティー競馬場でディアーヌ賞、つまりフランス・オークスが行われます。ペリエ騎手がフランスではダービーよりオークスに勝つ方が名誉がある、と言っていたクラシックですね。 今年は仏1000ギニー馬は回避しており、レース前から牝馬の2冠...

せん馬になって帰って来た

6月15日、木曜日ですがレバーズタウン競馬場でバリーコーラス・ステークス Ballycorus S (GⅢ、3歳上、7ハロン)が行われました。馬場は good 、7頭が出走し、英国から挑戦してきたファーマメント Firmament が7対4...

サルビアホール 第80回クァルテット・シリーズ

5夜に及んだロータス・クァルテットによるベートーヴェン・サイクル、6月14日水曜日、遂に最終回を迎えました。長いなぁ~、タフだなぁ~と思っていた全曲演奏会も、終わってしまえばあっという間、寧ろマラソン完走の寂しささえ漂います。 最終夜はフィ...

サルビアホール 第79回クァルテット・シリーズ

前日のラズモフスキー3曲全曲演奏を乗り越え、翌6月13日の火曜日にはロータスQのベートーヴェン・サイクル第4夜が行われました。最後の二晩は後期作品の集中演奏です。 ベートーヴェン・サイクル2017≪第4夜≫ ベートーヴェン/弦楽四重奏曲第1...

サルビアホール 第78回クァルテット・シリーズ

6月8に始まったロータスQによるベートーヴェン弦楽四重奏曲全曲演奏会、土日を挟んで6月12日の月曜日、第3夜が行われました。 会場の手前の掲示板、いつもは前売り時間が案内されていますが、この日はチケット完売のため前売りはありません、という告...

横浜でユリシーズを聴く

10日ほど前、拙宅に宅配郵便が届きました。見ると神奈川県民ホールからの瓦版風チラシで、「ニューヨーク発! 新時代のカルテットがデビュー!!」とあります。 いつもはこの類の宣伝には乗らない小生ですが、今回は作曲家・一柳慧氏のメッセージや音楽ラ...