日本フィル・第690回東京定期演奏会

昨日は、日本フィルはもちろん、我が国クラシック楽壇にとっても大注目の日本フィル東京定期を聴いてきました。サントリーホール閉鎖中のため、会場は上野の東京文化会館。 今回は上野にして大正解でしょう。かつては日フィルもここを定期演奏会の会場にして...

2017愛1000ギニーの枠順

5月28日にカラー競馬場で行われる愛1000ギニーも枠順が発表されました。前日の2000ギニー同様出走頭数は1桁に減っています。 1 ビーン・フェーザ Bean Feasa 2 アスキング Asking 3 ハイドランジア Hydrange...

2017愛2000ギニーの枠順

今週末は、ヨーロッパ・ギニー戦線の最後としてアイルランドのカラー競馬場で愛2000ギニーと愛1000ギニーが行われます。 土曜日に行われる愛2000ギニーの枠順が発表されましたが、何と6頭立てという少頭数のクラシックになってしまいました。 ...

サンダウンの熱い夜

つい先日シーズンが本格的にスタートしたばかりと思っていた英国競馬、気が付けば夏至まで1か月を切り、5月25日にはサンダウンでイヴニング開催が行われました。夕方7時ごろから競馬が始まりますが、大井競馬場のナイターとは違って未だ太陽が沈まない英...

娘vs妹? 弟vs姉?

昨日は火曜日でしたが、サン=クルー競馬場で興味深いトライアルG戦が3鞍行われました。馬場は good 。 最初のクレオパトラ賞 Prix Cleopatre (GⅢ、3歳牝、2100メートル)は、言うまでもなく仏オークスのトライアル。8頭立...

ハイレゾ配信で聴くN響、ベルリン・フィル

4月27日、ミューザ川崎シンフォニーホールでN響を聴いてきました。サントリーホール休館中、4月から6月までの3回限り、N響がミューザで開催する初シリーズの第1回目です。 これは明電舎創業120周年記念として同社が特別協賛、N響主催、ミューザ...

2017オークス(優駿牝馬)馬のプロフィール

昨日の日曜日、主要競馬国では4か国でクラシック・レースが行われましたが、ここで血統を紹介するのは日本、優駿牝馬(オークス)を見事人気に応えて制したソウルスターリングのプロフィールです。 ソウルスターリングは父フランケル Frankel 、母...

圧巻の短距離戦

5月の第3日曜日と言えば優駿牝馬(オークス)ですが、ドイツでは2000ギニー、イタリアでもダービーが行われてクラシックな週末でした。 しかし、このレポートはアイルランド。ナース競馬場でラッケン・ステークス Lacken S (GⅢ、3歳、6...

日本フィル・第327回横浜定期演奏会

日本フィルの5月定期は、先月に続いて首席指揮者ピエタリ・インキネンの指揮。もちろん4月からずっと日本に滞在していたわけではなく、その間は別の仕事で他国を飛び回っていたはず。 航空機が無かった、あるいは発達していなかった時代は首席指揮者が年間...

プリークネス以外の土曜競馬

アメリカ三冠の第2弾、プリークネス・ステークスを先にアップしましたので、後はゆるゆると5月20日のアメリカ競馬G戦を見て行きましょう。 先ずプリークネスの舞台だったピムリコ競馬場から、残る3鞍のG戦。レース順に回顧すると、最初はメリーランド...

雲に呑み込まれた二冠の夢

今日のアメリカ競馬レポートは先ずプリークネス・ステークスの結果を単発で取り上げ、他のG戦は稿を改めて纏めることにしましょう。 ということで、5月20日にピムリコ競馬場で行われた プリークネス・ステークス Preakness S (GⅠ、3歳...

ゴドルフィンのG戦ダブル逃げ切り

毎年ダービー前に行われるマイルのGⅠ戦がロッキンジ。今年も5月20日のニューバリー競馬場にGⅠ級の馬が揃いましたが、その前にもう一鞍のG戦を見ておきましょう。 去年からGⅢに格上げされたアストン・パーク・ステークス Aston Park S...