読売日響・08年2月名曲シリーズ聴きどころ

ミクシィに「読売日響」というコミュニティがあって、毎月2本、「聴きどころ」シリーズというのをやっています。素人の目から見た聴きどころ。きっかけは、プログラムがありきたりで、私自身物足りなく感じていたからなんです。 まぁ試しに、ということで始...

100年前の今日

このところコンサートもないし、外は寒い。寒さも底でしょうか。ということで、暇潰しの無駄話であります。 以前にも引用させてもらいましたが、久し振りに千蔵氏の「クラシック音楽歳時記」からの孫引き。 今日1月25日はフルトヴェングラーの誕生日です...

ハロウェー

これも30年前の原稿です。ヒンドスタンに続いて投稿したもの。                     **********  ハロウェーについて、私は長い間、誤った見方をしていた。若い頃この馬に抱いていた考えは、想像の産物であり、今、振り返...

東京都響・第656回定期演奏会

東京都響は遥か昔、確か若杉時代に暫く定期会員でした。最近は時々ツマミ食いをする程度、熱心な聴き手ではありません。 都響は現代音楽、特に邦人作品の演奏に熱心で、以前には作曲家の個展のようなシリーズをやっていました。ここ数年は、別宮貞雄のプロデ...

読売日響・第467回定期演奏会

昨日、今年最初の読響定期を聴いてきました。以下のもの。 バルトーク/ピアノ協奏曲第3番 ~休憩~ ショスタコーヴィチ/交響曲第11番 指揮/ヒュー・ウルフ 独奏/アンティ・シーララ コンサートマスター/藤原浜雄 フォアシュピーラー/鈴木理恵...

クリスティアン・アルミンクのブラームスを聴く

12日の土曜日、以下のコンサートに出かけました。 新日本フィルハーモニー交響楽団演奏会 すみだトリフォニーホール  ワーグナー/歌劇「さまよえるオランダ人」序曲  ブルッフ/ヴァイオリン協奏曲第1番       ~休憩~  ブラームス/交響...

思い出の名騎手/ジョージ・ムーア

ミクシィの日記には直ぐ書いたのですが、こちらにも転載しておきます。1月8日だと思いますが、オーストラリア生まれの名騎手、ジョージ・ムーアが亡くなりました。 George Moore といっても、最近の競馬ファンは間違いなく知らないでしょうね...

お正月に見た音楽番組(4)

ロス・アンジェルス・フィル定期演奏会   6日朝のハイビジョンでは、何故かロス・アンジェルス・フィルの定期演奏会を放映していました。2006年10月のもの、指揮はエサ・ペッカ・サロネン。かのイケメン氏ですな。まだまだ若い!! 最後...

お正月に見た音楽番組(3)

大阪センチュリー交響楽団・12月定期   5日の日に、珍しくBSフジでクラシック音楽番組が放送されました。大阪センチュリー交響楽団の12月定期がそっくり全部。チェロに趙静を迎えドヴォルザークのチェロ協奏曲と、メンデルスゾーンの「宗...

読売日響・第498回名曲シリーズ

腫れ物から来る高熱が三日も続き、今日のコンサートはパス、と決め込んでいました。ところが午後になって急速に回復、それじゃ折角だからモーツァルトでも聴きましょうか。体にも良さそうだし、ということで、久しぶりに外出しました。昨日8日のことです。 ...

お正月に見た音楽番組(2)

ウィーン・フィルのニューイヤー・コンサート2008   BS2で恒例のウィーン・フィル、ニューイヤー・コンサートが放送されました。暫く前までは衛星同時ナマ中継でしたが、去年辺りから「同時」は地上波だけ。衛星放送では録画によりやや遅...

ジョージ・ムーアの死

イギリスの平場競走、冬場はお休み。それでも英国電子競馬新聞は毎朝、見出しだけはチェックしています。今朝飛び込んできたのが日記のタイトル。 George Moore といっても、最近の競馬ファンは間違いなく知らないでしょうね。私が競馬に関心を...