母よ、あなたは強かった

またしても馬ネタです。 今朝、面白いニュースが入ってきました。昨日(7月4日)アイルランドのレパーズタウン競馬場で行われたブラウンスタウン・ステークス(GⅢ・7ハロン)に5歳牝馬・レッドストーン・ダンサーが勝ったのです。 それだけなら何でも...

アイルランド・ダービーと、

競馬はやって見なければ判らない、の典型でもあり、終わってみればヤッパリでもありますねぇ。 第142回アイルランド・ダービー、本命のイーグル・マウンテンは3着敗退。ではありますが、オブライエン師にとっては1-2-3独占。これ以上ない結果に終わ...

さて、愛ダービーは?

今日はアイルランド・ダービーがあります。結果が分かるのは深夜か明朝。 下馬評ではイーグル・マウンテン Eagle Mountain 断然のようです。何と言ってもエプサム・ダービーでオーソライズドの2着に食い込んだ馬。オーソライズドが出てこな...

読売日響・第461回定期演奏会

メシアン/われらの主イエス・キリストの変容 指揮/若杉弘 独奏/木村かをり(ピアノ)、毛利伯郎(チェロ)、一戸敦(フルート)、藤井洋子(クラリネット) 加藤恭子(マリンバ)、藤本隆文(シロリンバ)、村瀬秀美(ヴィブラフォン) 合唱指揮/三澤...

クァルテット・エクセルシオ第13回定期

クァルテット・エクセルシオの第13回定期演奏会を聴くべく、上野の東京文化会館小ホールに出掛けました。昨日、6月26日です。 と言っても、あまり書くこともありません。第一生命ホールのラボで初めて彼等に魅了されてから、出来るだけ聴き、聴けば感想...

キーレン・ファロン、GⅠに復活

6月になると、ヨーロッパは毎週のように大きなレースがあるので退屈しません。というか、追っ駆けるほうは大変、何も日記に書く必要はないんですがね。 昨日の日曜日、ビッグ・ニュースはフランス発。サンクルー競馬場の最大のイヴェント、サン=クルー大賞...

京都行・後奏曲

一夜明ければドピーカの、ということでもないけれど、23日土曜日の京都は、昨日の雨が嘘のように晴れわたっています。離宮からホテルまで乗ったタクシー運ちゃんの嘆きが聞かれそう。“降ってくれな、どうもならんわ” 朝はホテルのバイキング。札幌もそう...

ロイヤル・アスコット3日目以降

チョッと留守にすると日記が溜まって仕方ありません。競馬ネタのロイヤル・アスコットは簡単に。 3日目の目玉はアスコット・ゴールド・カップ。ロイヤル開催当初からのGⅠです。かつてダービーやセントレジャーを制した馬の翌年の目標はゴールドカップでし...

京都行・前奏曲

今回の京都は1泊2日、音楽を聴くのが目的です。 梅雨時なので天気が心配でしたが、予感が当たってしまいました。日頃の行いが悪いんでしょう。 コンサートが目的ですが、折角行くので観光も。場所が近いということで、修学院離宮をセットしました。ここは...

京都市交響楽団・第501回定期演奏会

京都市交響楽団をナマで聴くのも、京都コンサートホールを体験するのも初めてのことです。従ってここでは現地報告ということで・・・。 この日は雨、それも昼頃を中心に本格的な降りでした。ホールの開場は6時、ここも傘立がない!! 濡れ傘は、傘袋に入れ...

ロイヤル・アスコット2日目

2日目の目玉は、プリンス・オブ・ウェールズ・ステークス。4歳上の10ハロン戦です。これもGⅠですが、当初はⅡだったと思います。 終始3番手を進んだマンデュロ Manduro が圧勝。ドイツ産馬ですが、現在はアンドレ・ファーブルが調教し、ステ...

ビロウドハマキ

今朝のテレビで、吹上御所で自然観察会を開催する、というニュースが流れていました。70歳以上が対象で、当然に抽選ということになるようです。関心はあるけれども、最初から対象外。 ところで何年か前、10年以上前かもしれませんが、皇居の生物を扱った...